JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

『土と健康』2015年3月号(一部紹介)

画・田島征三

今月の表紙
発作・田島征三
撮影・酒井 敦

 表紙のことば

 瀬戸内海国際芸術祭は来年なのに、
 ぼくは今から忙しい!。
 それは『森の小径』という作品を
 制作しようとしているからだ。
 未知の両側には、いろんな木を植える。
 潮風に強いトベラ、ウバメガシ、マキ、ヒサカキなどだ。
 初め、ぼくは道が小山の上まで登って行くように
 創ろうとした。
 でも、元ハンセン病の患者さんたちは、
 クルマ椅子の方が多い。
 安全面を考えてやめた。
 その代わり逆に穴を掘ることにした。
 熊谷守一さんが庭に池を掘り、
 近所の小川で釣った魚を飼っていた。
 だが、まわりに家やビルが建ち
 水脈が切れて池の水が空っぽになると、
 守一さんは毎日、池の底に座って、
 空を見上げるのを楽しみにしていたそうだ。
 クルマ椅子ごと穴に入れるようにして、
 木木の枝やはを通して空を眺めてほしいのだ。

田島征三
ホームページアドレス http://www.geocities.jp/djrnq642/


 今月の記事から

●18回国際有機農業運動連盟(IFOAM)世界大会 2014・10・13〜15 報告
 世界の有機農業運動、原発反対にNO!の声をあげる・・・・・・・・・・古沢広祐
 原発輸出阻止のために力を合わせよう!・・・・・・・・・・・・・・・・田坂興亜
 世界の有機農家と共に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・村山勝茂

●国際土壌年 2015年
 人類も危機、有機農業で乗り越えよう・・・・・・・・・・・・・・・・・久保田裕子

●日本有機農業研究会 夏のシンポジウム報告 2014・9・7
 長崎で今も元気に頑張っている 土と文化会38年の歩み・・・・・・・・・島典子

●熊本県の有機農業面積の割合は0.7%・・・・・・・・・・・間澄子

●第22回 火の国九州・山口有機農業の祭典inおおいた 報告
 消費者目線で語り合った有機農業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後藤亜紀子

●キサクな話「消滅は原始産業からか」・・・・・・・・・・・・佐藤喜作

●熱き心くん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内藤哲

●とれたて青年部63「有機農業との関わり方」・・・・・・・・・清水彰浩

●BOOK・自著紹介『森とともに生きる中国雲南の少数民族』・杉浦孝昌

●BOOK『汝の食物を医薬とせよ』・・・・・・・・・・・・・伊藤康江

●連載まんが 百姓珍道中 その24・・・・・・・・・・えんどうゆかり

●情報交差点 /編集後記

■『土と健康』の購読、お問い合わせは事務局までご連絡ください。
■ 日本有機農業研究会の会員には、『土と健康』を毎号お送りします。ぜひ、ご入会ください。
  >> 入会案内  お問い合わせメール:mail  >> バックナンバーの購入


> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________