JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

『土と健康』2011年3月号(一部紹介)

画・田島征三

今月の表紙
発作・田島征三
撮影・酒井 敦

 表紙のことば

 今回のラオス旅行での収穫は、竹の文化に出会えたこと。
 東南アジアから続く照葉樹林帯に稲作文化が栄えた。
 具体的に稲作文化のことを述べると、
 藁の文化に触れることになる。
 滅びようとしている藁の文化。
 2012年第5回妻有トリエンナーレは
 植物(稲、竹、ガマ)を使う予定だけど、
 竹のイメージが大きく膨らんできた。
 竹の強さ、柔軟性、耐久性などは、
 住居、生活用品、工芸品などに長く使われてきた。
 竹には、束ねる、組む、など使用方法はいくつかあるが、
 編むことで、竹はその力を発揮する。
 だがわが国では、プラスチックなどに押し出されて、
 この素晴らしい素材が見捨てられようとしている。
 その結果、竹藪が放置され、里山を荒らしている。

田島征三
ホームページアドレス http://www.geocities.jp/djrnq642/


 今月の記事から

● TPPは国を亡ぼす
 断固たる決意をもって反対しなければならない   ・・・・ 中屋敷 宏

● シリーズ創立40周年を迎えてA
 有機農業運動のあゆみと到達点  ・・・・ 保田 茂

● 森林の再生と有機農業の普及がアフリカの貧困の救う  ・・・・ 野澤眞次

● とれたて青年部(32) とちぎ国際有機農業映画祭2010   ・・・・ 清水彰浩

● BOOK『六ヶ所村 ふるさとを吹く風』  ・・・・ 辻 智子

● 有機農業アドバイザーI
 有機農業で自立、心豊かな暮らし  ・・・・ 戸松 正

● 農場だより
 中島ゆうきの里  ・・・・ 岡田議之

● Wミツバチフェスティバル
 『ミツバチの羽音と地球の回転』&『ミツバチからのメッセージ』上映と講演

● BOOK『ニホンミツバチが日本の農業を救う』『わが家にミツバチがやって来た』  ・・・・ 久保田裕子

● DVD『ミツバチからのメッセージ』の制作に携わって  ・・・・ 御園 孝

● 佐藤喜作のキサクな話『口蹄疫の警告−規模拡大の危険』  ・・・・ 佐藤喜作

● 結成趣意書

● 資料・書籍購入のご案内

■『土と健康』の購読、お問い合わせは事務局までご連絡ください。
■ 日本有機農業研究会の会員には、『土と健康』を毎号お送りします。ぜひ、ご入会ください。
  >> 入会案内  お問い合わせメール:mail  >> バックナンバーの購入


> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________