JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

『土と健康』2005年6月号(一部紹介)

画・田島征三

今月の表紙
発作・田島征三
撮影・酒井 敦

 表紙のことば

 3月号の表紙に使ったモクレンの実は不思議な成長の過程を経て、
 最後にはふくれたイボがポカリと割れ、赤い玉がころげ出るという結末を迎える。
 今回使用したのは、プラタナスの実の中身。
 すなわち「すずかけ」のすずの部分が熟して割れると、
 綿毛と、このようなわけのわからぬ小さな玉が、ヘソの緒のようなもので連なって出てくるのだ。
 植物学的にはなんなのか知らない。
 種は綿毛と共に飛んでゆくのであろうが、このものはいったいなんなんだろう?

田島征三
ホームページアドレス http://www.geocities.jp/djrnq642/


 今月の記事から

●私の発言 EU型オーガニック農業で農業再生を・・・・ 田村 安
有機農地率が9%近いイタリア、オーストリアでは中山間地の小規模農業の生き残り策として有機農業を取り入れました。農業への補助金ではなく環境への補助金で農家を援護する政策です。

●北陸研究センターでの遺伝子組み換えイネの野外実験中止を求めて    ・・・・ 天明 伸浩
中央農業総合研究センター北陸研究センター(新潟県上越市)で実施されようとしている遺伝子組み換えイネの屋外隔離圃場栽培試験の中止を求めている新潟からの報告。

●有機農業入門講座 2005年    ・・・・ 青年部
2月26日の有機農業入門講座の報告です。新規就農者3人によるパネルディスカッションと、沖津一陽さんの講演をまとめました。参加者の感想も合わせて掲載しました。

● JAS法改定案反対を申し入れました    ・・・・ 提携と基準部
日本有機農業研究会は、有機農業団体の登録認定機関の存続を阻害し、有機農産物の輸入を増大させるJAS法改正案に対して、問題を指摘し改善を求める申入書を農水大臣などに送りました。全文を掲載しました。

●土壌微生物と作物(中)    ・・・・ 西尾 道徳
昨年11月の「第2回生産者・消費者交流会」での西尾先生の講演記録。3回連載の第2回です。なぜ堆肥化するのか、堆肥化された窒素がどのように作用するのかについて、豊富なデータに基づいて説かれました。

●足立区都市農業公園便り  ・・・・ 有機農業サポート室・明石 誠一
東京都足立区の委託を受けて、都市農業公園の畑で有機農業を始めて1年。有機農業サポート室の今月のレポートは、着々と進んでいる夏野菜の準備。どんな種を温床に蒔いたか、そしてその野菜たちが畑に定植されるまでの流れを紹介します。

● 「有機」を地域の人々の手に取り戻す動き[アメリカ]  ・・・・ 訳・久保田 裕子
3回連載のエリザベス・ヘンダーソンさんの講演記録の2回目。地域の消費者が支える農業の考え方と現状についての報告です。もう一つの基準認証=地域参加型の有機認証の可能性について述べています。

● 佐藤喜作のキサクな話 「泥寒」と「寒九の雨は夏日照り」    ・・・・ 佐藤 喜作
今号から当会理事長の佐藤喜作がキサクなお話しを。「泥寒」?、「寒九の雨は夏日照り」? って何。今年の夏は、日照りで高温になる可能性がある。

● [技の交差点] 野猪被害の防除    ・・・・ 渡辺 和彦
ハンターが持ち込んでの放獣もあるというイノシシ。増大する被害に対して「野猪被害の防除講習会」(05年2月・千葉県三芳村)から報告します。

● ニュージーランド オーガニック研修旅行記    ・・・・ 窪川典子・井上昌代・八木幸枝
女性3人、冬の農閑期にニュージーランドを訪ねました。ニュージーランドの有機農業の一端が見て取れます。

● 「りんごにおけるアレルゲンの発現と農薬防除による抑制」という研究とそれに関するコメントを検討する    ・・・・ 中屋敷 宏
「無農薬栽培のリンゴの方がアレルゲンが多い」という農薬の有用性を主張する研究の無責任さを批判します。売り物でないリンゴを試料として、農薬の危険性を無視して結論を導くことは妥当なのか。

● [達人に聞く]「旬の有機農産物」加工のすすめ@「ぬか漬け」    ・・・・ 針塚 藤重
群馬県渋川市で農業とともに漬物を作り続けて、世界に向かって「ぬか漬けを食べましょう!」と、辻説法をして歩いている針塚さん。とてもその歳には見えません。「針塚さんは、元気という病気だ!」。その元気の素は「ぬか漬け」にあり。

● 熱き心くん    ・・・・ 香田 雅之
今月の新規就農レポート「熱き心くん」は、香田雅之さん。5年前、愛媛県の無茶々園という有機柑橘生産グループに研修生として来て、3年前に生産者となって、日々みかん山に行っています。

● 種から育てよう「九条ネギ」    ・・・・ 北川 フジ子
今月は、育ちやすく、連作もでき、作業が容易で、大きくも、小さくも作れ、用途は多様で、薬味に最適、という九条ネギ。祖父譲りの種採りのコツを北川さんが説明します。

● あなたも作れる カンタンおいしい野菜料理    ・・・・ 生活部
野菜を美味しく食べるには。今月は「初夏の野菜料理レシピ」と題して新ジャガの素揚げ煮など3品です。ソラマメ、タマネギなど旬の野菜を使っての料理です。

● VIDEO 『あの山を残そう 子どもたちのために』 制作:鳥山敏子  ・・・・ 四宮 鉄男
有機農業の町でもある宮崎県綾町の照葉樹林を命がけで守った元町長の郷田實さんの物語です。「環境」や「エコロジー」という言葉のない1960年代、林野庁の照葉樹林伐採と闘い、その後、過ちを自然の生態系を基調とした有機農業の町へと導きました。

●ニュースクリップ
 農業に関連する国際情報、国内情報を簡潔にまとめました。

●資料・書籍購入のご案内

●情報交差点 /編集後記

■『土と健康』の購読、お問い合わせは事務局までご連絡ください。
■ 日本有機農業研究会の会員には、『土と健康』を毎号お送りします。ぜひ、ご入会ください。
  >> 入会案内  お問い合わせメール:mail  >> バックナンバーの購入


> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________