JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

 とことんきこう!就農について
      有機農業入門講座2007年

 安全な食べ物を食べたい! なんか最近よく聞く有機農業って、どんな人たちが作っているの?
農業を始めたい! でも実際どうすればいいの……。有機農業に対する関心や想いは、さまざま
です。今年は、有機農業で奮闘されている若い3人の生産者をパネラーに迎え、「就農」につい
て思う存分語っていただきました。

■パネラー■
   井波 希野さん(山梨県北杜市 就農4年目)
   田中 庸介さん(茨城県石岡市 就農7年目)
   山本 茂晴さん(千葉県千葉市 就農5年目)
■コーディネーター■
   井上 昌代さん(神奈川県 就農6年目)

パネラーとコーディネーターのみなさん

左からコーディネーターの井上昌代さん、パネラーの井波希野さん、山本茂晴さん、田中庸介さん

ピクルスとトマトピューレ

井波さん手づくりのピクルスとトマトピューレ

会場の様子

会場の様子
 

有機野菜と雑穀を使った多彩な料理

有機野菜と雑穀を使った多彩な料理

懇親会の様子

懇親会の様子
 

井上昌代さん制作の紙芝居

青年部の恒例となった、井上昌代さん制作の紙芝居「おちばくんのおしごと」の始まり、始まり…


参加者の感想

本郷泉さん写真

あっという間の3時間半、
来てよかった!

 講座は、現在就農されている3人の方のパネルディスカッション形式で、それぞれ違う状況、環境下で研修から就農に至るまでのお話を詳しく伺えて、とてもよかったです。また、私は漠然と東北の山間部などの過疎地に行きたいと思っていたのですが、農作物の需要や流通面での利便性やコストや子供の学校、病院などの生活面などを考えた場合、人工の集中している都市部に近い方が良いのかもしれないなど、お話を伺いながら具体的にイメージすることもでき、参考になりました。(本郷泉さん)


永谷嘉規さん写真

不安を払拭することができました

 新規就農することを目標に研修をはじめてから2年近くが経とうとしており、先のことも考えています。有機で農業をやっていくことに迷いはありません。農地、資金面のこと等少し不安はありましたが、今回のパネルディスカッションは、それを払拭する良い機会となりました。そして、日々の研修でも教えられてきたことですが、あとは自分自身がどれだけ強い信念を持つかということが、独立する上で大切なことだと再確認できました。(永谷嘉規さん)


> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________