JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

「有機農業の基礎・実践編
   in 足立区都市農業公園」研修会のご案内

 有機農業の実践、及び有機農業普及活動や食農教育・環境教育に役立てることを目的として、有機農業の基礎技術について、専門家から理論と実際についての講習を受ける研修会を実施します。
 研修会の開催場所は、本会が2004年から有機農業による管理指導を行ってきた田畑がある足立区都市農業公園内の研修室です。研修会では、併せて同公園における有機農業の実際の見学も予定しております。

■日 時:2009年9月26日(土) 10:00〜16:00

■会 場:「足立区都市農業公園」会議室
      東京都足立区鹿浜2−44−1

■行き方:こちらのページをご覧ください
      東武伊勢崎線西新井駅(最寄り駅)から来られます場合は、西口(ロータリーのある方)2番乗り場から、西07系統「鹿浜都市農業公園行」のバスが便利かと思います。

■研修プログラム:

 9:30 受付開始
10:00〜11:00 魚住道郎さん(会議室)
  「自然生態系を活かした有機農業」有機農業歴35年以上の魚住さんから、有機農業の基本理念、堆肥(土)づくり、自然循環機能、自然生態系を最大限活かした有機農業についてお話をうかがいます。
11:00〜12:30 公園内の圃場視察
  園内の梅林、ぶどう棚、鯉除草を行う田んぼ、季節の野菜を多品目栽培している畑を見学。堆肥場にて  堆肥のつくり方の説明をうけます。
休憩
13:30〜14:30 林重孝さん(会議室)
  「有機農業の推進と種の自家採種」有機農業による自家採種の重要性、遺伝子組み換え問題についてうかがいます。
休憩
14:45〜16:00 質疑応答とディスカッション
16:00 終了

■定 員:50名

■参加費:1人 3000円 (会員は2500円)
  ★お昼のご用意はございません。お弁当を持参いただくか、園内の「レストランさくら」をご利用ください。

■お申込方法:
 9月18日(金)までに下記口座にお申し込みください。  参加費のお振込み先  【ゆうちょ銀行】00180−0−165363
 【加入者名】日本有機農業研究会

足立区都市農業公園とは
 荒川河川敷に沿って、足立区民が四季の移り変わりを楽しむための緑豊かな農業公園です。2004年4月から、日本有機農業研究会が田んぼ(12a)・畑(20a)・果樹(梅5a、ぶどう)の管理を有機圃場作業管理委託事業として本格的な有機農業で行っています。
講師の紹介
魚住 道郎:
  日本有機農業研究会副理事長。全国有機農業推進委員会委員。茨城県石岡市で有機農業。JA全農いばらき直営「ポケットファームどきどき」の畑を管理。堆肥わくわく運動の推進を積極的に行う。
 林 重孝:
日本有機農業研究会副理事長。種苗部担当。千葉県佐倉市で有機農業。第14回環境保全型農業推進コンクール農林水産大臣賞受賞。種の自家採種、研修生の受け入れを積極的に行う。

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________