JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

      シンポジウム
     食の現状・農の未来

■日 時:2009年6月28日(日)午後2時〜5時

■会 場:世田谷区・北沢タウンホール集会室
    井の頭線 小田急線・下北沢駅南口下車3分
     TEL. 03-5478-8006

■パネリスト
  安田節子 (食政策センター・ビジョン21主宰・日本有機農業研究会理事)
  植田敬子 (日本女子大学家政経済学科教授)
  片柳義春 (CSAシステムによる「なないろ畑農場」を神奈川県・綾瀬市で運営)
  
  序論と司会 北沢方邦 (知と文明のフォーラム代表・信州大学名誉教授)

■主催 知と文明のフォーラム (代表 北沢方邦 青木やよひ )
■連絡先 /fax 03-3918-1479 

■シンポジウム開催の主旨
 ガンなどの文明病の根源である残留農薬や食品添加物汚染問題、バイオエタノール生産にともなう食料価格の世界市場での高騰、地球温暖化がもたらす食糧危機、とりわけ食料自給率が低く、遠距離の輸入食料輸送に依存するわが国の食料安全保障体制の脆弱性など、食をめぐる問題が年々深刻化しています。
 また食の問題は健康問題に直結し、医療費の増大は個人だけではなく、国や世界の保健医療体制とその財政基盤をもゆるがしています。予防医学が声高に叫ばれていますが、いまや病気とはなにか、健康とはなにかが根本的に問われる時代であるといえます。
 なぜなら近代の文明や思想は、人間の「身体性」を置き去りにし、知識と観念のみで合理性や利便を追求してきたからです。病院や医薬品へ一方的に依存するのみで、みずからの身体の自己管理さえできない「先進諸国」のひとびとは、この点で、薬草の利用法や応急手当などに熟知した、誤って未開とよばれるひとびとの生活知に劣っているといわなくてはなりません。むしろわが国は、かつて東洋医学の先進国であったにもかかわらず、その遺産を長い間忘却してしまったのです。
 地球温暖化に代表され、人類の存続にかかわる環境危機も、人間の内なる自然である身体性をないがしろにし、したがって大自然そのものをもたんなる資源とみなしてきた近代文明が、必然的にもたらしたものといえます。いまやわれわれの思考体系を変え、身体性を文明の新しい出発点に据えないかぎり、これらの危機の解決への出口は見えません。
 そのうえ経済グローバリズムの崩壊によって、世界的な経済危機のさなかにある現在、ポスト・グローバリズムの世界の構想にとっても、「食」の問題はひとつのキーワードとなります。なぜなら、自然エネルギーの開発と結びつく有機農法などによる農林漁業の「変革」は、村落コミュニティの再建とともに、新技術や新雇用を創出し、文明全体を変えるエコ・ソリューションのひとつの基盤となりうるからです。

北沢方邦

■知と文明のフォーラム
 近代主義に縛られた「文明」からの方向転換をめざして北沢方邦・青木やよいの提唱により2006年に発足。
 「ヨーガとインド哲学」「性差とジェンダー」「宮沢賢治とウィリアム・モリス」などの1泊セミナーを伊豆高原「ヴィラ・マーヤ」で、東京でのレクチャーコンサート「世界音楽入門 新実徳英の世界」やシンポジウム「北欧型教育と日本の教育」などを行う。
 知と文明のフォーラム ホームページ /p>

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________