JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

夏のシンポジウム2019
警告! 農薬の人体への影響


国会議員の「デトックス・プロジェクト」で毛髪から除草剤グリホサート(商品名・ラウンドアップ)などの農薬を検出、アメリカでは発がん訴訟でカリフォルニア州連邦地裁が懲罰を含め2億9千ドル(約320億円)の評決、ミツバチなどへの影響で規制すすむEU、神経性農薬の影響が疑われる発達障害など、農薬の人体への影響への警告が発せられています。みんなで考えましょう。

   

■日 時:2019年9月7日(土)10:30〜16:30

■会 場:国立オリンピック青少年総合センター センター棟501研修室
      東京都渋谷区代々木神園町3−1
      小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩約7分

    

■第一部:相次ぐ警告 10:30〜12:30
 グリホサートなど農薬をめぐる現況 安田節子さん(食政策センター・ビジョン21)
 国会議員の「デトックス・プロジェクト」に参加して 堀越啓仁さん(衆議院議員)

■第二部:会員からの報告 13:00〜13:30
 大塚一吉さん(群馬/滝の里農場)自作の曲「奇跡の国ルワンダ」弾き語り、ほか(未定)

■第三部:農薬と人々の健康 13:30〜15:00
 農薬と発達障害を考える 木村−黒田純子さん(脳神経科学者)

■第四部:有機農業は農薬の必要なし 15:15〜16:30
 有機農業の技(わざ)を高める道具たち 魚住道郎さん(茨城/魚住農園)
 有機農業、私の工夫

■おわりに:水俣大会(2020年1月)へ向けて 間司さん(熊本/百草園)
      

■主 催:日本有機農業研究会

■申込み・問合せ:日本有機農業研究会 TEL 03-6265-0148 FAX 03-6265-0149
      メール info@joaa.net

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________