JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

2014年 夏のシンポジウム
森里海の有機的交流と自給が日本農業の未来をひらく

■日 時:2014年9月7日(日)10:00〜16:50

■会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟研修室401
      〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3−1
      小田急線「参宮橋駅」徒歩7分/地下鉄千代田線「代々木公園駅」徒歩10分

■参加費:2500円

    

■第1部:報告と討論 10:00〜12:00
      「大震災から3年、放射能汚染をのり超え、脱原発の運動をどうつくるか」
      報告1 二本松有機能研と福島有機農学校の開校
          大内信一さん(福島県二本松有機農業研究会代表)
      報告2 “猫の手”に参加し、フクシマを考える
          吉川直子さん(東京都多摩市)
      報告3 森里海の放射能汚染下で有機農業の実践
          魚住道郎さん(茨城県石岡市魚住農園)
      報告4 全国原発訴訟団との連携と協同組合の活動、森里海の共同検査室報告
          大石光伸さん(茨城県常総生協副理事長、東海第二原発訴訟原告団長)
      ※進行 若島礼子さん(日本綜合医学界食養指導士)

    

■昼食:12:00〜13:00

■第2部:講演 13:00〜14:00
      「TPPをのり超える日本の農業の方向」
      講師 鈴木宣弘さん(東京大学大学院教授)
      ※進行 関塚学さん(栃木県佐野市関塚農園)

      

■休憩:14:00〜14:15

■第3部:報告と討論 14:15〜16:50
      「森里海の有機的交流と自給が日本農業の未来をひらく」
      報告1 消費者たちがつくった“有機の店”は、今も元気で消費者に発信中
          島典子さん(長崎県長崎市と文化の会代表)
      報告2 小さな循環で持続可能な農と社会
          松沢政満さん(愛知県新庄市福津農園)
      報告3 地域に根づく生協型の有機農業運動
          長尾正人さん(愛媛県今治市長尾農園、愛媛有機農産生協)
      報告4 原発事故をのり超え、再生エネルギーの自給を地域で!
          近藤恵さん(福島県二本松市二本松有機農業研究会)
      報告5 「悪人有機(他力本願が有機的浄土をつくる)」
          舘野廣幸さん(栃木県野木町舘野農園)
      報告6 有機農園の現場で学ぶ“有機農学校”―新しいカタチの有機農業運動
          林重孝さん(千葉県佐倉市林農園)
      ※進行 並木芳雄さん(埼玉県和光市並木農園)

      

■主 催:日本有機農業研究会

■申し込み・問い合わせ先 日本有機農業研究会事務局
            ※当日参加もできます
            TEL 03−3818−3078 / FAX 03−3818−3417
            E-mail : mail

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________