JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

2018年市民公開講座

私たちを取り巻く環境には、様々な化学物質、ダイオキシンや農薬などが使われ放出され、環境汚染が広がっています。これらの化学物質は、生体のホルモン作用を撹乱し生殖機能や成長などに悪影響を及ぼし、将来世代の減少を招く恐れもあると指摘されています。そこで、環境ホルモン関連の著書を多く出されている井口泰泉先生から、ヨーロッパ、アメリカ、日本における環境ホルモンの問題・現状のお話をお聞きし、私たちは何をしたらよいのか、一緒に考えましょう。

■日 時:12月23日(日)13:00〜16:00

■会 場:国學院大学渋谷キャンパス5号館5201教室
東京都渋谷区東4−10−28
渋谷駅東口から、徒歩15分。都営バス54番のりば「学03日赤医療センター行」で「国学院大学前」(約10分)下車。渋谷駅JR埼京線の新南口から徒歩約10分。

■講 師:井口泰泉さん/横浜市立大学生命ナノシステム科学研究科 特任教授

■参加費:1000円

■主催:日本有機農業研究会
      TEL 03-6265-0148 FAX 03-6265-0149
      メール info@joaa.net

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________