JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

日本有機農業研究会 市民公開研究会
次世代のいのちをどう守っていくのか
−農協・生協・提携の現場から提起−

有機リン系農薬・ネオニコ農薬などが子どもの脳神経の発達への影響を含む健康への影響が明らかになってきた。 ミツバチへの影響からも、生きものの豊かな環境への悪影響が懸念される。 協力組合精神を発揮し、率先して子どもたち・若者たちに有機の食材を提供していきたい。

■日 時:11月25日(土)13:30〜17:00

■場 所:国學院大学渋谷キャンパス5号館5201号室
東京都渋谷区東4−10−28
渋谷駅東口から、徒歩13分。都営バス54番のりば「学03日赤医療センター行」で「国学院大学前」(約10分)下車。渋谷駅JR埼京線の新南口から徒歩約10分。

問題提起1 佐藤喜作さん (社)農協協会会長、日本有機農業研究会理事長
問題提起2 大石光伸さん 常総生協顧問、日本有機農業研究会幹事
問題提起3 魚住道郎さん 魚住農園、日本有機農業研究会副理事長

■申込み先:日本有機農業研究会
    〒162-0812 東京都新宿区西五軒町4-10 植木ビル 502
    TEL 03-6265-0148 FAX 03-6265-0149 E-mail info@joaa.net

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________