JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

 足立区都市農業公園だより(7)
       ―有機農業サポート室活動レポート―
『踏み込み温床づくりと育苗にトライ』

有機農業サポート室指導員  明石 誠一

踏み込み温床の枠

踏み込み温床の枠

 3月に入り、夏野菜の準備で忙しくなってきました。いよいよ始まったかという感じです。この時期から一気に一年が駆け抜けていきます。都市農業公園(以下略して都市農)で去年植えた夏野菜の苗たちは、魚住さんの農園で作ったものを使いました。しかし今年、都市農で苗を作ることになりました。

 発酵熱で発芽を促す

 温床は「おんしょう」または「おんどこ」と読みます。簡単に説明すると、木枠を作り(写真@)、ワラで周りを囲い(A)、その中に落ち葉、ワラ、米ヌカなどを層状に積み込み、水をかけながら踏込んでいきます(C きつく踏込みすぎないこと)。その温床の上に、土を詰めて種を蒔いた箱を乗せ(D)、発酵熱で発芽を促すものです。こうすることで、6月下旬から7月初めには、夏野菜を収穫することが出来ます。

 温床を作る時期は、地域によって違いますが、都市農では、苗を定植(育苗した苗を畑へ植えること)する時期から逆算して、3月9日に行いました。定植は、都市農辺りでは、霜が降りる心配がなくなる5月に入って行いますが、雨よけハウスの中なら4月中旬以降でも良いと思います。

 なお、夏野菜の種は、温床をつくった日に蒔きました。

竹で枠をつくる

①竹で枠をつくる

ワラを竹枠にはさみこむ

②ワラを竹枠にはさみこむ

水をかけながら落ち葉を踏み込む

④水をかけながら落ち葉を踏み込む

播種したトレイを並べる

⑤播種したトレイを並べる

 すべてを均一に撒くこと

 都市農の温床の木枠の大きさは、180cmX450cm(内法)。踏み込む高さは40cm〜50cm。一層7〜8cmくらいで、5〜6層踏み込みました。使用した米ヌカは5袋(15Kg入り)。一層に付き米ヌカ1袋弱を撒いたことになります。また、ぼかし肥(魚粉と米ヌカと水を混ぜ合せ発酵させたもの)も一層に付き手箕で2杯分(7Kg前後)を均一に撒きました(B)。一連の作業を行いながら、水を均一に撒き続けます。

 発芽がきれいに揃うようにするためには、種を蒔いた箱を温床の上に乗せた時に水分の偏り、発熱のムラが出ないように、落ち葉、米ヌカ、ぼかしは平に均一に、水もムラなく均一に、撒くことが大切です。

 温床の上に種を蒔いた箱を並べ終えたら、竹で作ったトンネルの骨組みをワラの壁に差込み、農ポリオレフィンをかけて保温します(EF)。

 おんどは、踏み込んでから5日ほどで上がってきます。1週間ほど30度くらいまで上がり続け、その後徐々に落ち着いてきました。適切な室温は15℃〜27、8度前後。育苗の期間は、温度管理に一番気を使います。天候の変化に合わせて朝、昼、夕と、何度もハウスの開け閉めを行います。これは、都市農で働いている方たちの協力なくしては出来ません。

 こうして今年の都市農は、「踏み込み温床作り」と「育苗」にトライ。どんな野菜ができるか、とても楽しみです。

手箕でボカシ肥をまきながら踏み込む

③手箕でボカシ肥をまきながら踏み込む

竹で作った骨組み

⑥竹で作った骨組み

夜は保温する

⑦夜は保温する

足立区都市農業公園
【場所】 東京都足立区鹿浜2‐44‐1
【交通】 東武伊勢崎線西新井駅から都市農業公園行き(東武バス)終点(都市農業公園)下車
【開園時間】 午前9時〜午後5時
【休園日】 12月28日〜翌年1月4日まで。公園管理のため前記以外に閉園することがあります。
【TEL】 03‐3853‐4114

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________