JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

 足立区都市農業公園だより(5)
       ―有機農業サポート室活動レポート―
  失敗を恐れずに果敢に挑戦!
  有機・無農薬への「転換元年」

有機農業サポート室指導員  明石 誠一

8月の田んぼ。穂が出始める

8月の田んぼ。穂が出始める

 早いもので年の瀬です(これを書いているのは12月です)。都市農業公園(以下、都市農)の畑も春からスタートして、夏を過ぎ冬になりました。都市農の畑を有機無農薬に転換して、初めての年がどんなものだったのか、振り返って見たいと思います。

 何はともあれ堆肥作りから

 2004年の4月から作業を開始したわけですが、まず取り掛かったのは堆肥作りでした。都市農には2年間ためていた落ち葉があったので、それに米ヌカを1トンくらい混ぜ合わせて堆肥を作ることにしました。米ヌカは魚住道郎さんがトラックで茨城の八郷から持って来たものです。切り返すにしても量が半端ではないので、トラクター(都市農所有のもの)にバケット(トラクターの前に取り付けるショベル)を新たに購入し取り付けました。このバケットがなければ充分な堆肥は作れなかったと思います。

 私は当初スコップを使ってみんなで手作業でやる気でいましたが、今考えると、とんでもないです。きっと今頃腰痛に悩まされていたことでしょう。

 4月・5月 ささげやインゲンにアブラムシ大発生

 4月、5月は夏野菜の植付けで忙しかったです。休憩もきちんと取れなかったように記憶しています。まず畑に堆肥をまくわけですが、ここの土の状態がどうなっているか、まだ分からないわ付ですから、手探り状態でした。魚住さんは「失敗老恐れず、とにかくやってみよう」と私たちを奮い立たせてくれました。

 畑の印象として少し肥えているように感じました。豆科のインゲンや三尺ささげには、びっしりアブラ人シが発生していたり、野菜の生育が早かったりした印象があります。

 6月・7月 散水ホースさまさま

夏野菜の茂るハウス

夏野菜の茂るハウス

 6月、7月、8月となると猛暑との戦いでした。ここで大助かりだったのが散水ホースでした。このお陰で里芋、ナスをはじめとした野菜たちはどうにかよく育つてくれました。ニンジンの発芽にも大変良かったと思います。

 今年の夏は暑すぎたため、さまざまな影響も出ました。トマトは尻腐れ(果実の下部から黒く腐ってぐる)が出て、雨よけハウスを使っていましたが、暑さと乾燥のため、最後にはビニールを外しました。果菜類やショウガ、里芋には草マルチで乾燥対策をしました。スイカは甘いものが取れ、ニガウリは取り切れないほどなりました。

 落花生と、大豆は畑が肥えていたためか、少し収量が少なかったです。キュウリは良く取れていましたが、後半に水やりが足りなかったためか、予想より早くに終わってしまいました。

 9月・10月 畦を立てない播種にビックリ

ネギの土寄せ

ネギの土寄せ

 9月、10月は夏野菜の片付けと、秋冬野菜の種蒔きシーズン。忘れられないのが、芯食い虫との地道な戦いでした。芯食い虫は、キャベツなどのアプテナ科の野菜に大発生し、それをつまよう枝で取り続けました。かなりきつかったですね。

 冬野菜で蒔いたものは、コマツナ、大根、春菊、玉葱、コカブ、チンゲン菜、山東菜、タアサイ、京菜、エンドウ豆、ニンニク…。

 10月の収穫祭ではニンジン、さつまま芋、里芋、ネギの掘り取り体験をしました。これには大勢のお客さんに来ていただきました。収穫祭の後には畑が空いたので、そこは一面、葉物で覆い尽くしました。

8月、キャベツの定植

8月、キャベツの定植

 播種の仕方は、堆肥をトラクターでうない込んだ後を平らにならし、そこを播種機で(条間20cm)で蒔いていきます。私は畦を立てないこのやり方にビックリしましたが、綺麗に生えています。

 11月・12月 「失敗」は来年への大切な情報

 現在の冬野菜の様子を見ると、少し肥料不足のように思います。原因としては、堆肥を作る段階で、米ヌカを混ぜる量が少なかったことが考えられます。夏の間を通して、私が米ヌカを混ぜ、堆肥の切り返しを行ってきたため、魚住さんの想像しているものと少しズレがあったようです。

 来年は、今年使った米ヌカの量を参考にすれば、計画も立てやすくなります。このことは私にとっても勉強になりましたが、今後、有機農業研究会がこのような委託事業を受ける際にも、大事な情報になると思います。

 いやー、2004年もいろいろありましたが、野菜の出来は初年ということを考えると、よかったと思います。失敗もありましたが、今年の失敗がなければ、来年もありません。やらないと失敗しないし、失敗しないと成功もないので、2005年はもっと成功して、また新たな失敗もしていこうと思います。

足立区都市農業公園
【場所】 東京都足立区鹿浜2‐44‐1
【交通】 東武伊勢崎線西新井駅から都市農業公園行き(東武バス)終点(都市農業公園)下車
【開園時間】 午前9時〜午後5時
【休園日】 12月28日〜翌年1月4日まで。公園管理のため前記以外に閉園することがあります。
【TEL】 03‐3853‐4114

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________