JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

    秋播き種子をお分けします (7月〜10月)
        〜種子寄贈もお願いします〜

(日本有機農業研究会に未入会の方は、入会手続きと種苗ネットワーク利用登録申込以後にご利用ください。)

種苗ネットワーク事務局・種苗部

 自家採種をしている方から提供していただいて本会種苗部と種苗ネットワークが冷凍保存している種子の一部を、会員種苗ネットワーク利用登録者にお分けします。頒布種子は、最新の『土と健康 7月号』をご覧ください。参考のために別表に一覧を載せています。★印を付けてあるのは、特性が優れていて有機農業に向いている、おすすめの品種です。

 自家採種できますから、一品種について一人一袋とします。各自が殖やし、提供できるように育ててください。頒価は、一袋300円または500円です。収入は、自家採種運動促進のための組織維持経費として活用させていただきます。種子には、育て方などの「説明書き」のほか、郵便振替払込書と、栽培後に提出していただく「栽培結果報告書」用紙を添えてお送りします。

 種子入手ご希望の方は、次の要領でお願いします。受付締切りは、10月末日です。

1.申し込み方法:(希望品種と返信用封筒)

 便箋など、B5(本誌の大きさ)程度の用紙に、住所氏名、電話、入手目的(販売用試作・自家菜園)、希望種子のbニ品種名を書き、返信用封筒(※)1枚を添えて、申し込んでください。

申込み先
 〒162-0812 東京都新宿区西五軒町4ー10 植木ビル502
 日本有機農業研究会 種苗ネットワーク

※返信用封筒の作成要領
 長形3号(120×235mm)以上の大きさの封筒に、ご自分へのあて先(「様」まで)と、下部に希望種子のNo.と品種名を連記し、郵便切手70円を貼ってください。

2.発送

 注文到着順に、8月中旬から10日ごとに発送します。

3.代金の振り込み

 種子受領後2週間以内に、郵便振替で送金してください

4.その他

 頒布後1年以内の種子の発芽率が低い場合は、お申し越しください。次のご注文の際に、頒価合計から同一価額を減額させていただきます。

 利用できるのは、本会の運営会員か普通会員で、種苗ネットワーク利用登録がしてある方です。会員外の方は、入会手続き後に、登録申込書と上記1(希望品種のメモと返信用封筒)を郵送(FAX不可)してください。

 お問合せは、本会事務局 種苗ネットワークまで、どうぞ。


種子を寄贈してください
 冷凍保存している種子の在庫量が、少なくなっています。お勧めいただける種子に余分がありましたら、寄贈してくださるようお願いします。