JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

 種苗ネットワークの発足について

種苗ネットワーク事務局

 2002年2月の総会において、優良な種苗の自家採種、種苗交換等を盛んにするため、本会の内部組織として種苗ネットワークを発足させることになり、その設置細則本会定款第54条の規定に基づく細則)が議決されました。これを受けて、2002年4月7日の理事会において、種苗ネットワークを運営していく上で必要な「種苗ネットワーク登録規程」が決定されるとともに、その運営主体となる運営委員会の委員5名が任命され、種苗ネットワークが発足しました。

1.運営委員会

 種苗ネットワークは、本会の各部(国際部、生産部など)と並ぶ内部組織ですが、事業運営的性格を持ち、組織運営のあり方や機能も異なるところから、その具体的な運営は、理事会の監督の下で運営委員会が行う形をとっています。任命された運営委員(任期2年)は、次のとおりであり、本会の種苗部長でもある林重孝さんが運営委員長をつとめています。大平博四さんは、このネットワークの顧問になっていただいています。運営委員会を支え、業務を円滑に遂行するために事務局を置いています。

運営委員※  岩崎政利、佐久間清和、林 重孝、本城 昇、本野一郎(五十音順)
事 務 局   武田松男

※2004年4月からの第2期運営委員
 相原成行、岩崎政利、坂番雅美、林 重孝、本城 昇(五十音順)

2.種苗ネットワークの概略

 種苗ネットワークは、優良な種苗の自家採種・自家繁殖と種苗交換・融通を盛んにし、支援するために次の活動を担います。

@自家採種・繁殖種苗データベースを構築する。
A種苗提供者の提供可能種苗に関する情報を利用者に提供する。
B本会が冷蔵保存する種子を利用者に提供する。
C消費者向け家庭菜園用種子を提供する。
D農家向けに優良種苗を必要に応じて提供する。

(1)対象となる種苗   有機種苗のみならず、優良な非有機種苗を含みます。
(2)登録が必要です  種苗ネットワークの活動に参加できる方は、「登録」した方に限ります。

 登録は、次のとおり「提供登録者」と「利用登録者」の2種類があります。「利用登録者」として登録できる方は本会の正会員と賛助会員(2004年からは運営会員と普通会員)に限りますが、これらの会員であっても、種苗の販売を業として営む方は「利用登録者」になることができません。一方、「提供登録者」については、非会員であってもなることが可能です。

「提供登録者」…種苗及びそれに関する情報の提供を行う方
「利用登録者」…種苗及びそれに関する情報の提供を受ける方

 「提供登録者」又は「利用登録者」のどちらか一方だけでも登録できますし、それらの双方に登録することもできます。登録料は、無料です。登録の有効期間は、2年間です。登録申込にあたっては、「種苗ネットワーク登録規程」をよく読んでいただき、どのようなことを守らなければならないかご確認のうえ、「登録申込書兼登録票」に必要事項を記入し、押印して本会事務所まで郵送(FAXは不可)してくだい。

3.種苗ネットワークの2002年度の活動

(1)自家採種・繁殖種苗データベースの整備
 優良な種苗の自家採種・自家繁殖と種苗交換・融通を盛んにするためには、まず、どの地域、農家が優良な種苗を持っているのか、また、それら種苗の中で提供できるものとしてはどのようなものがあるか把握する必要があります。このため、それらの農家に「自家繁殖カード」(旧称「在来種苗票」)を配布し、一定の情報を記入していただき、それらを種苗ネットワーク事務局でデータベース化してきました。今後、「提供登録者」を対象にデータを蓄積し、各地域で優良な種苗を持ち、自家採種・繁殖されている農家をネットワークとして支援できる体制を整えて行きたいと考えております。

(2)提供可能種苗情報の提供
 上記(1)のデーターベースの中から、「利用登録者」に公開してもよい情報を本会会員の方々に提供し、自家採種・自家繁殖のみならず、農業経営や家庭菜園にご活用いただきます。この「利用登録者」への情報提供は、次のような形で行います。
 【概略情報】まず、どのような提供可能種苗があるのか、その概略情報を『土と健康』(2002年8,9月合併号)に掲載しています。   【具体情報】概略情報を見ていただき、より具体的な情報を得たい方は、提供可能種苗の情報が掲載された自家繁殖カード集(ファイル)を有償(事務手数料相当)で手に入れていただきます。このファイルは、穀物、芋類、豆類の第1分冊と、野菜等の第2分冊に分けても入手できます。これら情報に基づいて、「利用登録者」は、どの「提供登録者」からどんな種苗をどのくらい手に入れたいかを判断し、記載されている「提供登録者」の連絡先に問い合わせ、具体的な注文内容を決定して「提供登録者」に注文してください。

(3)種子の提供
 2002年度においては、本会で冷凍保存している種子を冷蔵状態に移し、秋播き用の種子として利用できるよう、利用登録者に有償(事務手数料相当)で提供しました。

4.その他

 「種苗ネットワーク登録規程」には、登録いただく時に、あらかじめご了解いただき、守っていただくこととして、次のことが定められています。

(1)「利用登録者」に対して
 ・種苗情報や提供登録者から入手される種苗は、この種苗ネットワークの趣旨に賛同いただいた
  提供登録者のご好意の賜物ですので、利用登録者におかれては、提供登録者の権利を侵害する
  行為をしないでください。
 ・提供を受けた種苗は、自家栽培用に用いるようにしてください。
 ・提供を受けた種苗の栽培結果を種苗ネットワークや提供登録者に報告するようにしてくださ
  い。

(2)「提供登録者」に対して
 ・他人の種苗登録その他の権利を侵害する種苗やそうした種苗に関する情報を提供しないように
  してください。

> このページの先頭へ