JAPAN ORGANIC AGRICULTURE ASSOCIATION

日本有機農業研究会

 2015年 活動報告

 1月17日操体の講習会 於 文京区男女平等センター
 講師 小林美喜子さん
 1月11日有機農業全国大会実行委員会(第4回)開催 於 文京区湯島第二会館
 1月11日有機農業サポート委員会 有機農業農学校の開校 
 於 日有研事務所
 

 2014年 活動報告

12月26日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第73回「マリヴロンと少女」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
12月21日第8回舘野かえる農場有機農学校 於 舘野かえる農場(栃木県野木町)
12月20日青年部忘年会2014 於 文京区男女平等センター実習室
 「日本の有機農業のこれから〜それぞれの思い、それぞれの立場」
12月14日第8回国際有機農業映画祭に協力・参加 於 武蔵大学(東京都練馬区)
12月11日農林水産省有機農業班町口和彦課長補佐からの日本農業研究会ヒアリング
 主に、@国際土壌年について、A土壌などの放射能汚染問題、B有機農業の総合的な研究推進、C環境支払い諸要件・記載様式などについて
 魚住道郎副理事長、舘野廣幸理事、本城昇理事、久保田裕子理事出席 於 農水省
12月11日有機農業全国大会実行委員会(第3回)開催
 於 文京区湯島第二会館
12月
6〜7日
福島・東北有機農業支援委員会「猫の手」の活動
 於 福島県二本松市
11月28日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第74回「めくらぶだうと虹」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
11月28日福島有機農業のつどい・IFOAM世界大会の報告会
 於 衆議院第二議員会館多目的ホール
11月28日農林水産省への福島有機農業のつどい・IFOAM世界大会の報告会に参加
 於 農林水産省2階第4会議室
11月16日魚住農園有機農学校(第3回) 於 魚住農園(茨城県石岡市)
11月13日農林水産省有機農業班町口和彦課長補佐との懇談 於 農水省
 主に、@「有機」の表示・情報提供について、A平成27年度からの環境支払いの諸要件と記載様式などについて。本城昇理事、久保田裕子理事出席。
11月 3日有機農業全国大会実行委員会を2回開催 於 文京区湯島第二会館
10月24日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第71回「鳥をとるやなぎ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
10月19日舘野かえる農場有機農学校(第6回) 於 栃木県野木町
10月16日国別研修:ラオス「日本における有機農業の政策と取り組み」(主催 国際協力機構)での講演(協力)
 於 文京区民センター3−E会議室
10月10日ドイツで「提携」を実践する消費者グンナー・キースさん(日独翻訳業)と交流(提携と基準部) 於 國學院大学他
 なお、キースさんは、山形市、鳥取市、熊本市(熊本いのちと土を考える会)などでも交流。
 9月27日第16回農コン(青年部)於 文京区湯島第2会館
 9月26日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第70回「イギリス海岸」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 9月21日舘野かえる農場有機農学校(第5回) 於 栃木県野木町
 9月 8日台湾省台中農業改良所から2人が来所
 日本の有機農業の現状について久保田裕子理事から聴き取り
 9月 7日2014夏のシンポジウム 於 国立オリンピック記念青少年総合センター
第1部 大震災から3年、放射能汚染を乗り越え、脱原発の運動をどうつくるか
第2部 講演 TPPを乗り越える日本農業の方向
第3部 森里海の有機的交流と自給が日本農業の未来をひらく
 9月 6日第44期第4回 理事会・夏の全国幹事会
1.集団的自衛権の行使容認に反対であることの表明について
2.第43回全国大会・総会について
3.各部・各委員会の今後の活動について
4.各地の活動報告・提案、意見交換について
5.その他兵庫県丹波市の有機農家への支援・義援金について
 8月30日健康操体講座in枚方 共催「土と健康」友の会
 於 枚方市立サンプラザ市民センター(大阪府枚方市)
 8月
23〜24日
福島原発から3年 よみがえれ!福島“生きる”“耕す”有機農業のつどい
 有機農業関係5団体の共同代表により開催。魚住道郎副理事長が有機農業の土の力の報告、若島礼子幹事が消費者対応で話題提供。
 於 福島県福島市
 8月23日夏の有機農業見学会2014 in 茨城 於 茨城県常陸太田市・那珂市
 有機農業の魅力を感じよう!
 23日和知健一さん(ポコ・ア・ポコ農園)
 24日布施大樹さんの農場
 8月22日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第69回「種山が原の夜」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 7月20日舘野農園有機農学校(第4回) 於 舘野農園(栃木県野木町)
 7月 6日第44期第3回理事会 於 文京区湯島第二会館
 1.夏の全国幹事会・シンポジウムについて
 2.全国大会について
 3.各部各委員会からの提案と報告
  @「提携」の推進の内容と進め方ほか(提携と基準部)
  A「有機農学校」構想について(有機農業サポート委員会)
 4.その他(新任の農林水産省有機農業推進班との話し合いについて)
 7月 5日第15回農コン(青年部) 於 ふくしまオルガン堂(東京世田谷区)
 7月 5日健康操体講座in枚方(共催「土と健康」友の会) 於ラポールひらかた大研修室(大阪府枚方市)
 7月 4日「8・23/24福島の集い」実行委員会 魚住副理事長、久保田理事出席 於 パルシステム会議室
 6月29日「提携」フォーラム(提携と基準部)於 國學院大學常磐松ホール
 第一部 映画上映 長編ドキュメンタリー「農民ジョンの心の土」
第二部 パネルディスカッション「提携」推奨へ向けて
 パネラー並木芳雄さん、八代弘樹さん、飛田みえ子さん、槌田劭さん コーディネーター本城昇さん
 6月27日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第67回「紫紺染について」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 6月15日魚住農園有機農学校(第2回) 於 魚住農園(茨城県石岡市)
舘野農園有機農学校(第3回) 於 舘野農園(栃木県野木町)
 5月
24〜25日
福島・東北有機農業支援委員会「猫の手」の活動
 24日の午前は、大内信一さんの田んぼの田植え、午後は、畑にヒマワリの種を播きました。25日は、安斉力さんの畑にキュウリの定植、渡辺文夫さんの畑にナスの支柱立てをしました。
 5月23日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第66回「若い木霊」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 5月 8日第44期第2回理事会 於 文京区湯島第二会館
 1.大会・総会後の本年度の活動について
 2.他団体との連携について
 3.次期大会について
 4.その他
 4月26日首都圏近郊里山/谷戸田サミットを後援、参加
登壇 前野隆司(慶應義塾大学大学院教授)、金子美登(埼玉県・小川町霜里農業)、舘野廣幸(栃木県・舘野かえる農場)、藻谷浩介(日本総研)、シキタ純(ビーグッドカフェ)各氏。東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨で活動する農作業受け入れ団体などがワークショップを開く。
 4月25日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第65回「楢ノ木大学士の野宿」(第三夜)をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 4月23日「有機農業の明日を語る会」於 参議院議員会館B103号室
 星寛治さん(山形県高畠町)/鶴巻義夫さん(新潟県津南町)/金子美登さん(埼玉県小川町)の呼びかけ
 日本有機農業研究会から並木芳雄理事・関塚学理事が出席
 4月19日全国健康むら21ネット第9回全国大会in大阪を後援、参加
 「病気にならない免疫生活」
 講師安保徹さん(元新潟大学大学院教授)
 「故郷福島県飯舘村より三重県の新天地へ〜自然と人との共生を求めて人生再出発」
 講師村上真平さん(有機農園開拓・限界集落で農に生きる)
於 大阪・朝日生命ホール
 3月28日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第64回「楢ノ木大学士の野宿」(第二夜)をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 3月15日10時30分〜12時30分
第9回たねとりくらぶの集い(種苗部)
 講演「江戸東京・伝統野菜」を広め、つなげる
 講師大竹道茂さん(江戸東京・伝統野菜研究会代表)
13時30分〜17時30分
青年部主催公開セミナー
 講師「食の自給は、まず種の自給から」
 講師野口勲さん(野口種苗研究会)
於 國學院大學常磐松ホール
 3月 7日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第63回「楢ノ木大学士の野宿」(第一夜)をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 2月
23〜24日
第42回日本有機農業研究会全国大会・総会〜全国有機農業者と消費者の集いin岩手〜
 地元岩手から、九州、四国、北海道、全国各地から延べ400名の参加者で盛会。見学会は天候に恵まれました。心地よい日差しに岩手山もご機嫌でした。
 於 岩手県岩手郡雫石町 ホテル森の風・鶯宿
 2月22日第44期第1回理事会・冬期全国幹事会
1.第42回全国大会について
2.第42回通常総会について
 於 盛岡市民文化ホール第二会議室
 1月24日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第62回「鳥箱先生とフゥねずみ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 1月
18〜19日
「第21回火の国九州・山口有機農業の祭典inみやざき」に参加
 於 サンホテルフェニックス・シーガイヤグリーンガーデン広場
 1月
11〜12日
ヒンメリ作り・上映会・関東有機農家サッカー大会
11日 13時〜ヒンメリ(1150年フィンランドで誕生した藁細工による伝統装飾)つくり
   15時〜映画『1/4の奇跡〜本当のことだから〜』の上映
12日 サッカー大会
 於 埼玉県羽生市雨読晴耕村舎・沼公園サッカー場

 2013年 活動報告

12月27日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第61回「おきなぐさ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
12月23日第43期 第6回理事会 於 文京区男女平等センター
1.第42回日本有機農業研究会全国大会について
2.総会・議案書について
3.「有機農業推進基本方針」について
12月4〜5日東北支援“猫の手”応援
人参の収穫、夏野菜畑の片付け。「福島有機農学校構想」の提案を受け、スタッフの選出をしました。
於 福島県二本松市二本松有機農業研究会農場
11月
23〜24日
第7回国際有機農業映画祭に参加・協力
於 東京・法政大学市ヶ谷キャンパス
11月22日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第61回「雁の童子」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
10月25日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第59回「十月末」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
10月20日「土と平和の祭典」に参加 於 東京・日比谷公園
10月19日2013市民公開研究会 於 石岡市市民会館
1.「今、農薬問題とは」講師 坂興亜さん
2.有機農業運動と脱原発活動の新たな構築に向けて
 報告 大石光伸さん/ 報告と提案 魚住道郎さん
10月14日43期 第5回理事会 於 東京・文京区湯島第二会館
1.第42回全国大会・総会について
2.「有機農業推進基本方針」について
3.「有機」表示・情報提供について
4.財政問題について
 9月27日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第58回「月夜のけだもの」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 9月25日農林水産省主催「有機農業全国会議」に小出すま子理事が出席
於 フロラシオン青山
 9月23日第10回東京平和映画祭に参加・協力
於 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
 9月 8日午前中「日本有機農業研究会会員集会in関西」関西の日本有機農業研究会幹事主催
午後 原発事故後の課題と日本の未来を考える集い―「いのちの原理」と私たちの暮らし方―
 講演1「若狭を第二の福島にしてはならない」講師 中嶌哲演さん(小浜市・明通寺住職)
 講演2「いのちの原理」で未来を拓こう 講師 槌田劭さん(京都市・使い捨て時代を考える会)
 講演3「原発はいらない!自然と人の共生を求めて、人生再出発……」講師 村上真平さん(有機農業生産者・福島県飯舘村から三重県に移住)
於 ドーンセンター会議室(大阪市中央区)
 9月 2日台湾台中区農業改良場関係者5名が事務所訪問。本会の活動、日本と台湾の有機農業の現状について懇談。久保田理事が対応。
 於 事務所ほか
 8月23日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第57回「葡萄水」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 8月20〜21日韓国のテレビ放送局(MBC)、本会の「種苗ネットワーク」の活動について取材
 静岡大会時の種苗交換会取材に続き、種子保存・頒布活動や種採りの様子を武田松男さん宅、林重孝さんの圃場で取材。事務所で本会の活動について久保田理事が説明。
 8月18日午前の部 現地見学 渡瀬遊水池(栃木県小山市)/舘野農場(栃木県野木町)/小林農場(栃木県野木町)
午後の部 夏のシンポジウム「田中正造の思想と有機農業の未来」
     基調講演「田中正造はどのように足尾鉱毒事件と闘ったか」腰 赤上剛さん
    パネルディスカッション 赤上剛さん/黒澤常道さん/魚住道郎さん/大石光伸さん/舘野廣幸さん(コーディネーター)
於 はなももプラザ多目的ホール
 8月17日夏の全国幹事会
1.第42回全国大会・総会について
2.各地からの報告、提案
3.有機農業推進の基本方針(第2期)策定に向けての提言について
4.参加型有機認証・簡易認証について ほか
於 茨城県古河市地域交流センターはなももプラザ
 8月9〜11日アジア環境創造型稲作技術会議2013年に参加
 ―アジアにおける生物多様性を活かした稲作の推進と地域環境経済の創造―(討論 環境創造型農業としての有機農業政策の現状と課題に久保田裕子理事)
 主催 小山市・アジア環境創造型稲作技術会議実行委員会
 於 小山市立文化センター
 8月3,4日夏の有機農業見学会2013in千葉〜有機農業の魅力を感じよう!〜
3日八代弘樹さん、田島勝也さん(安房いろは農園)の農場
 4日八木直樹さんの農場
 7月26日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第56回「ひのきとひなげし」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 6月29日青年部主催第12回農コン〜来たれ!有機農業で一緒に汗をながし、喜びを共にするパートナー〜
 於 東京都渋谷区ヤッフォーオーガニックカフェ
 6月28日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第55回「まなづるとダァリア」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 6月19日有機農業サポート委員会
 「日本有機農業研究会有機農業農学校」企画など。
 於 文京区民センター
 6月15日全国有機農業推進協議会総会関連イベントの「有機農業推進議員連盟・農水省ご担当者・関係他団体と連携した意見交換会」に久保田裕子理事出席
 於 パルシステム盛況事業連合会本部会議室
 5月
25〜26日
「福島・東北支援活動〜援農へ行きましょう」
田植え、和綿、ヒマワリの種まき。ツルインゲンの収穫、ナスの定植など。
 於 福島県二本松市
 5月24日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第54回「茨海小学校」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 5月15日本会有機農業推進委員会 基本方針第2期へ向けた追加提言について(魚住道郎委員長ほか)
 於 文京区男女平等センター
 5月
14,28日
有機農業推進基本方針の第2期へ向けて
 有機農業三団体と農水省有機農業推進班との意見交換会(久保田裕子理事、本城昇理事、並木芳雄理事出席)
 於 農林水産省会議室
  5月9日PGS等検討会(提携と基準部 有機農業推進協会と共同) 於 有機農業推進委員会
  5月4日青年部委員会(於 本会事務所)
1.第12回「農コン」について
2.夏の有機農業見学会について
 4月26日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第53回「朝に就いての童話的構図」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 4月
16、25日
PGS等検討会(提携と基準部 有機農業推進協会と共同)
 「有機」の情報提供、参加型認証(IFOAM関係)等について検討 於 有機農業推進委員会
 4月10日1.夏のシンポジウム企画会議(午前)
2.福島東北有機農業支援委員会(午後)
 (於 文京区男女平等センター)
 4月 8日有機農業3団体と有機農業推進議員連盟との意見交換会、及び議員の有機農業視察(並木芳雄理事主席)
 於 埼玉県小川町霜里農場
 3月30日第43期第3回理事会(於 文京区男女平等センター)
 1.総会、幹事会をふまえて、今年度の活動計画について
 2.「有機農研有機農学校」(仮称)について
 3.夏のシンポジウムについて
 4.次期大会(岩手県にて開催)について
 3月 3日「全国由紀農業者と消費者の集いin静岡」第2日目
 1.早朝に種苗交換会
 2.大会記念講演「野草パワーで元気を摂ろう!」
  講師 若杉友子さん(野草料理研究家、食養指導者)
 3.分科会@放射能汚染の中での有機農業 A子どもの健康と食〜未来の学校給食〜 B手をつなごうオーガニック C有機農業がお茶を救う〜日本茶の新しい世界〜 D農の技〜農薬はやめられる〜
 4.全体会、分科会報告
 5.総会メッセージ、大会アピール
 6.歌「ふるさと」
 3月 2日第41回通常総会10〜12時(於 静岡県富士市常葉大学)
「全国由紀農業者と消費者の集いin静岡」第1日目
 1.13時半から現地見学会(木の花農園、ドラゴンファーム、なごみ農園など)
 2.13時半から「映画界とトーク」を開催
 3.地産地消交流会
 3月 1日第43期第2回理事会・冬期全国幹事会(於 静岡県富士市「冨士グリーンホテル」)
 1.第41回日本有機農業研究会全国大会・総会について(各部各委員会からの報告・提案。各地からの報告・提案。)
 2.東北支援活動について
 2月27日「第13回有機農業公開セミナー 新規就農支援を考える」を共催(於 国学院大学学術メディアセンター)
 28日 現地見学会(魚住道郎さんの農場/JAやさと(茨城県石岡市)/ポケットふぁーむどきどき茨城町店)
 2月23日・種苗部・種苗ネットワーク主催たねとりくらぶの集い
 種苗研修会&種苗交換会「私の種採り法」
 講師 小泉邦夫さん/深谷恵子さん/永野徹さん
・青年部主催有機農業入門講座2013
 自然エネルギーを有機農業に活かそう!
 講師 桑原衛さん(ぶくぶく農園・NPO法人小川町風土活性センター代表理事)/臼井健二さん(シャロムコミュニティー、WVOグループ代表)/藤村研介さん(非電化工房副代表)
(於 国学院大学・渋谷キャンパス1号館1105教室)
 2月5,7,12,
14,19日
「有機農業をはじめよう!就農希望者のための夜間講座」を共催
 (於 國學院大学学術メディアセンター)
 1月29日会計監査
 1月28日第43期 第1回理事会(於 文京区男女平等センター)
 1.第41回全国大会・総会・冬期全国幹事会について
 2.東北支援活動について
 3.「調査研究部」の設置について
 4.「森里海放射能共同検査室」運営状況報告
 5.各部、各委員会からの提案、報告
 1月26日第20回「火の国九州・山口有機農業の祭典」に参加(於 長崎県雲仙市)
 1月25日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第50回「グスコーブドリの伝記」をめぐって(その1)
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 1月24日有機農業・消費者セミナー「放射能と食べものと有機農業」
 講演「放射能と食べもののはなし」 講師 安田節子さん
 パネルディスカッション「放射能問題を踏まえて、神奈川の有機農家の今、これから」
  パネリスト 増田達矢さん(相模原市の有機農家)/近藤勇機さん(横浜市の有機農家)/松本邦裕さん(小田原市の有機農家)
  コーディネーター 相原成行さん(神奈川県有機農業研究会代表)
  (於 神奈川県立かながわ労働プラザ)
 1月
12〜13日
映画上映会&関東有機農家サッカー大会
 12日は『10万年の安全』『シェーナウの想い』上映。13日はサッカー場をフルに駆け回り、寒気はすぐに汗に変わりました。ここちよい筋肉痛。
(於 栃木県益子町)

 2012年 活動報告

12月23日第42期 第5回理事会(於 文京区民センター)
 1.第42回大会・総会について
 2.東北支援活動について
 3.有機農業推進基本法方針の見直しに関する意見について
 4.「有機農業技術アドバイス・デスク」の設置について
 5.「調査研究部」(準備)の設置について
 6.種苗ネットワークの事業の拡大について
 7・出版委員会の出版計画について
   22日青年部主催 販売方法交流会&忘年会(於 文京区男女平等センター)
 報告者 明石誠一さん/丸山尚史さん/和知健一さん
   21日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第50回「とっこべとらこ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
   16日第6回国際有機農業映画祭に参加(於 法政大学)
 700余名の参加者で盛況でした。
    1日二本松有機農業研究会の収穫祭・福島百年未来塾講演会に参加
 安達ヶ原は、今年の初雪で、うっすらと雪化粧。午後は晴れました。つきたての餅、芋煮、焼き鳥、和え物等々、自慢の手料理をいただきながら交流会。午後は映画鑑賞、操体法。夕方から鎌田實さんの講演会でした。
(於 二本松市安達ヶ原ふるさと村イベント広場・福島県男女共生センター)
11月30日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第49回「ざしき童子のはなし」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
   18日「土と平和の祭典2012」に参加(於 東京都日比谷公園)
   7〜8日夏野菜片付け作業、プラソイラーによる畑の深耕、地元の農家と一緒に汗をかきました。(於 福島県二本松市)
    2日「土の賛歌」(Symphony of the Soil)DVD日本語版試写会
 頒価5000円(於 東京都千代田区飯田橋セントラルプラザ)
10月28日畠利男さんの果樹園の収穫祭に参加(於 福島県相馬郡新地町)
 12種類のリンゴの樹の下をくぐりながら、もぎ方、食管の特徴を教わり、次から次に食べ比べました。避難区域から避難されている農家の根本洸一、幸子さん夫妻は、耕し、種をまき、収穫する農家の日常を奪われている無念さをお話しされました。
    7日第42期第4回理事会(於 文京区湯島第2会館)
1.今期活動計画などの今後の活動について
 @日本有機農業研究会として、福島・東北有機農業支援活動を持続的に行っていく(委員会を設置へ)
 A11月中に「第1回公開研究会」として、福島現地での活動、交流の実施
 B1〜2月、東京に於いて関連するセミナー開催
 C東京・関西における支援活動とも連携をもつ
 D
森里海連携については、2014年岩手大会で盛り込む
2.有機農業サポート室の活動について
 @有機農業アドバイザーの追加認定
 A有機農業相談体制の整備
 B「有機農業学校」の企画
 C「新規就農講座」の受託(2月実施)
3.有機農業推進政策について
 基本計画見直し論議に意見提出へ
4.認定NPO法人化について ほか
 9月28日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第48回「月夜のけだもの」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
    9日シンポジウム 今こそ有機農業で脱原発の社会を!!
 1.講演 放射能汚染と福島原発事故
  講師 津村昭人さん(農学博士/元農林水産省農業技術研究所アイソトープ研究室主任研究員)
  実証報告 大石光伸さん(茨城県常総生協副理事長)
 2.講演 食べものと健康〜汚染社会を生き抜く〜
 講師 島村善行さん(医療法人社団洗心島村トータル・ケア・クリニック院長・理事長)
 3.パネルディスカッション 今こそ有機農業で脱原発の社会を
  パネリスト 並木芳雄さん(埼玉県和光市 並木農園)、久保田裕子さん(國學院大學経済学部教授)、大内信一さん(福島県二本松市 二本松有機農業研究会)、魚住道郎さん(茨城県石岡市 魚住農園)
  コーディネーター 若島礼子さん (日本綜合医学会食養指導士)
    8日第42期第3回理事会、夏期全国幹事会
 1.有機農業で脱原発の社会へ どのように進めるか
 2.「有機農業基本方針(2007年4月策定)の見直しについて
 3.参加型有機認証と「ネオニコフリー生きもの認証」について
 4.次期大会「全国有機農業の集いin静岡」について
(於 東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年センター)
    2日1.講演 暮らしを変えよう 未来のために―原発からの復活―
 講師 槌田劭さん(元京都精華大学教員)
2.操体法実技講習会
 講師 小林美喜子さん(牧山食品公害と健康を考える会)
 主催 福島の子どもの未来を考える会
(於 福島市曽根田 A・O・Z(アオウゼ)MAXふくしま)
    1日福島県百年未来塾に参加(於 郡山市民プラザ・ビッグアイ)
 講演 地域密着型経済と脱原発への道
 講師 吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
 8月25日神奈川県有機農業研究会主催「映画とトーク オーガニックの集い」
 映画『太陽の女王 蜂蜜と生きる』
 トーク 相原成行さん、久保田裕子さん、島岡博子さん
(於 神奈川県横浜市あーすぷらざ映像ホール)
   24日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第47回「サガレンと八月」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
 7月29日「土と健康」友の会主催 会員交流会・講演会
―いのちを大切に明日への一歩―難儀な時代をいかに生きるか!
 お話 大内信一さん(福島県・二本松市有機農業研究会)
    槌田劭さん(京都・使い捨て時代を考える会)
(於 大阪市ドーンセンター)
   27日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第46回「シグナルとシグナレス」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
   27日科学部 「健康と医療・上映会」
 『明日あるいのち ガン・慢性病・難病を治すゲルソン療法』
 『医療死 死の医療ビジネス』アメリカでは、毎年78万人の人が医療が原因で死んでいる。
(於 東京都渋谷区東京ウィメンズプラザ視聴覚室)
   14〜15日青年部 夏の有機農業見学会in山梨
 前嶋和芳さん(前嶋農園)、三井和夫さん(結いまーる自然農園)を訪ねました。(於 山梨健笛吹市、北杜市)
 6月 3日第42期 第2回理事会開催(於 文京区男女平等センター)
 1.夏季全国幹事会、シンポジウムについて
   日時:2012年9月8日(土)〜9日(日)
   会場:国立オリンピック記念青少年センター
 2.次期大会について
   日時:2013年3月2日(土)〜3日(日)
   会場:静岡県富士市富士常葉大学
 3.「放射能測定室」の活動について
 4.TPP反対について
 5月27日「東海第2原発差し止め訴訟」提訴前決起集会に共催、参加。
魚住道郎副理事長(原告)が、廃炉に向けて、たくさんの方の協力を呼びかけました。(5月25日現在 原告団194名、賛同者202名、弁護団66名・さらに原告団、賛同人の募集中。3次締切6月末)
   25日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第44回「チュウリップの幻術」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
    5日「海の見えるりんごの里で交流会」(主催 福島県有機農業ネットワーク)に参加。
農園見学、花摘み体験(摘花)をしました。りんごの花に囲まれて昼食。午後は、勢いづく新緑の樹林に浴しながら、鹿狼山に登りました。頂上から360度のパノラマ。海も、山も、川も。
 (福島県相馬郡新地町 畠利男さんのりんご園)
 4月27日みんなの有機農業公開講座
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第43回「革トランク」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
 3月24〜25日「福島視察・全国集会 農から復興の光が見える〜有機農業が作る持続可能な社会〜」に賛同、参加。(主催 福島県有機農業ネットワーク)
 1日目 放射能汚染対策と課題についての講演、パネルディスカッション
 2日目 果樹園、水田での除染作業視察、「飯館村における農業の現状について」のお話を聞きました。
 (於 郡山市 ホテル華の湯・飯館村役場・杉内清繁氏水田・フルーツライン「まるけい果樹園」・菅野正寿氏水田)
   23日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第42回「ペンネンネンネンネンネネムの伝記」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター))
   23日「福井県有機農業ネットワーク設立総会」に佐藤喜作理事長が出席、講演
   11日記念講演「生き方としての農、表すものとしての有機農業」
 講師 宇根豊さん(百姓・農と自然の思想家)
第40回通常総会
 1.2011年度活動報告 2.2011年度決算・監査報告
 3.2012年度活動報告 4.予算案 5.役員及び幹事の選出
     (於 神石高原町ホテル)
   10日第40回日本有機農業研究会全国大会・全国有機農業の集いin西中国
  (於 広島県神石郡神石高原町神石高原町体育館ほか)
 記念講演「学校現場から感じる食への危機感〜免疫力を上げる食のあり方」 講師 中尾慶子さん(長崎県の高校教諭・食育活動家)
 分科会 @豊かな食育
     A原発事故・放射能汚染と有機農業
     B協同運動としての有機農業
     C有機農業の技術〜小肥栽培の視点から
     D活かそう!環境支払い〜有機農業推進政策
     Eどうする?有機農産物の流通と販売
 交流懇親会・夜の語らい(於 神石高原ホテル)
    9日冬期全国幹事会 (於 広島県神石郡神石高原町神石高原町ホテル)
 1.第40回日本有機農業研究会全国大会・総会 
  全国有機農業の集い2012in西中国について
 2.各地からの報告・提案
 3.次期大会について
 2月25日有機農業入門講座(青年部主催)
 講演「汚染社会を生きるための有機農業の思想と技術」舘野廣幸さん
 パネルディスカッション「有機農業をはじめるには」相原成行さん、城月直樹さん、木田恵美子さん
  (於 國學院大學1号館1105教室)
   24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第39回「クンねずみ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
    6日第42期第1回理事会(於 文京区湯島総合センター湯島第2会館)
 1.第40回日本有機農業研究会全国大会・総会について
 2.各部、各委員会の活動報告、活動計画について
 3.役員改選について
 4.埼玉大学への寄付講義について
    6日会計監査(於 本会事務所)
    4〜5日第19回火の国九州・山口有機農業の祭典inくまもと
日本有機農業研究会40周年記念講演会に参加
  (於 熊本県阿蘇市阿蘇の司ビラパークホテル)
 1月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第38回「ビジテリアン大祭」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
    7〜8日第12回関東有機農業者交流会・サッカー大会
 (於 茨城県石岡市国民宿舎つくばね・八郷総合運動場)
 7日報告会・交流会
  1.東北支援活動に参加して 小川徳晃さん
  2.雑木林、圃場の放射能対策 魚住昌孝さん
 8日サッカー大会(茨城・栃木・埼玉その他連合)

 2011年 活動報告

12月26日第41期 第7回理事会(於 文京区湯島第2会館)
 1.第40回日本有機農業研究会全国大会について
 2.総会について 3.放射性物質計測活動について
 4.アフリカ・持続的農業研修への協力について
   22日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第37回「氷河鼠の毛皮」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
    7日「もう、だまされない、未来を奪う原発・TPP」市民集会に参加
 発言者 山浦康明さん、安田節子さん、秋山豊寛さん、天笠啓祐さん、鴨桃代さん、寺尾正之さん、細井直子さん(於 参議院議員会館講堂)
    4日映画『子どもたちを放射能から守れ 福島のたたかい』の上映と佐藤幸子さんの講演会(於 國學院大學)
    3日公開研究会「放射能汚染と有機農業」
 報告 魚住道郎さん、阿部豊さん、布施大樹さん
 (於 茨城県石岡市ふれあいの里石岡「ひまわりの館」)
11月25日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第36回「いちょうの実」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区湯島第2会館)
   23日JAみちのく安達二本松有機農業研究会・岳下住民センター仮設住宅岳下自治会(双葉郡浪江町から避難)との合同「収穫祭」に参加
  (於 福島県二本松市岳下住民センター農村婦人の家)
   19〜20日「国際有機農業映画祭・それでも種をまく」に協力、参加
    (於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
    7日「消費者の部屋」に参加(於 農林水産省)
 魚住道郎副理事長が「放射能汚染と有機農業腐植がつなぐ森・里・海」について解説。
10月28日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第35回「祭りの広場」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 本会事務所)
   22日『コミュニティの力』上映会と吉田太郎さんの講演
     (於 文京区男女平等センター)
   16日「土と平和の祭典」に参加(於 東京都日比谷公園)
    5日第40回日本有機農業研究会大会・総会
 「全国有機農業の集い2012in西中国」に向け、第1回実行委員会佐藤喜作理事長、並木芳雄理事が出席。(於 広島県神石郡神石高原町)
 9月30日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第34回「風野又三郎」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   27日福島県南相馬市原町区で集会
 田崎和江金沢大学名誉教授(地球環境学)は、放射性物質を体内に取り込むバクテリアを序線に使えないか研究中。除染実証試験田んぼで、地元の農家も参加してお話を聞く。
 9月26〜10月1日第27会国際有機農業運動連盟(IFOAM)世界会議(韓国)に代表団派遣
 26、27日は、プレ大会(種子)で林重孝が種苗ネットワークを紹介。28日は「社会的公正・CSA/提携」会議、及び開会式に田坂興亜、本城昇、吉野馨子、久保田裕子、林重孝、マーティン・フリッドが参加。29〜1日の本会議には、魚住道郎、若島礼子も加わり、「提携理念の共有」「森里海提携ネットワーク」などを報告。(敬称略、久保田)
   22日台湾行政院農業委員が本会事務室を訪問
 本会の活動について紹介。
   17日「真農業人フェアー」に関塚学さんが就農相談委員として参加。(於 池袋サンシャインビル)
 8月28日第41期 第6会理事会・夏期全国幹事会
       (於東京都新宿区日本青年館会議室)
   27日日本有機農業研究会40周年記念シンポジウム「大震災・原発事故をのり超える有機農業」(於 東京都新宿区日本青年館国際ホール)
 約300人が会場を埋め、3つのテーマ(1)有機農業の生産現場と放射能汚染 (2)放射能汚染と食生活 (3)有機農業がめざす脱原発と自給・共生の社会 について、報告・討議が活発に行われ、盛会だった。
   26日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第33回「風の又三郎」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
    6日二本松市有機農業研究会、船引有機農業研究会を訪問
 この地域は、震災、原発事故から半年過ぎた今も、不安な暮らしを強いられています。並木芳雄理事が義援金を手渡してお見舞い。お話を伺う。(上杉)
    3日「高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用・生産・流通の自粛」通知について、農水省の説明会
    (於 農林水産省生産局農業環境対策課)
 魚住道郎理事会、久保田裕子、舘野廣幸、並木芳雄、小出すま子、相原成行、各理事と「風の丘ファーム」の田下三枝子さんが出席
 7月23日第41期 第5回理事会(於 文京区男女平等センター)
 1.大震災・放射能汚染対策・義援金の使途について
 2.40周年記念シンポジウムについて
 3.夏季全国幹事会について(於 日本青年館)
 4.ネオニコチノイド系農薬の規制強化の活動について
   13日平成23年度調査事業協議会会議(於 文京区民センター)
 昨年度に引き続き、有機農業総合支援対策・有機農業推進団体支援事業のうち、調査事業に応募し、助成が決まった。消費者意識調査及び実需者調査を行う。委員は、吉野馨子さん(法政大学)、大木茂さん(麻布大学)、涌井義郎さん(鯉渕学園)など7名。
    2日農場見学・有機農業を守るリビングマルチの世界
 帰農志塾では、有機農業の技術確立の一つの方法として、リビングマルチを十数年前から実施。果菜類、長芋、大和芋、サツマイモにも活用している。(於 栃木県那須烏山市帰農志塾)
 6月24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第31回「耕耘部の時計」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   23日環境直接支払いの記載例について、農水省担当者と打ち合わせ
 本会から林重孝副理事長、本城昇理事、舘野理事、増田裕子専門調査員出席。 (於 農林水産省会議室)
    9日中国百色市農業研修団との懇親会
 久保田裕子理事が「日本の農業と有機農業運動」について講演 (於 文京区男女平等センター)
    5日緊急講演会「チェルノブイリから見た福島第一原発震災」・土壌浄化、エネルギー自給の可能性を探る
 講師 河田昌東さん(チェルノブイリ教授・中部理事)
 約200人が熱心に汚染対策などをきいた。
 (於 國學院大學常磐松ホール)
 5月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第30回「なめとこ山の熊」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   21日第41期 第4回理事会(於 文京区湯島第二会館)
 1.大震災、放射能汚染対策について
 2.40周年記念事業について 3.環境支払いについて
 4.韓国でのIFOAM世界大会について
 5.全国大会(2013年2月静岡県)について
 6.調査事業について
 なお、理事会前に福島県の幹事小池光一さん、工藤隆之さんから5月17日集会及びその後についての報告と理事会メンバーとの懇親会をもった。
   17日大震災・放射能汚染対策について日本有機農業研究会福島県会員集会を開催
 近隣県からも約30人参加。佐藤理事長、魚住・林副理事長、ほかに理事・会員らが出席。
   13日「環境保全型農業直接支払いの申請」について農水省との話し合い
 (林・本城・舘野・増田)(於 農林水産省)
   12日長野県の農薬の空中散布検討連絡会議の有人ヘリ松くい虫部所連絡部会の有識者意見陳情に、ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワークメンバーとして傍聴
 その後、長野県副知事と同ネットが懇談。(久保田)
   2日〜3日大震災被災地の二本松市、田村市、仙台市を訪ねる(事務局)
 4月15日「原子力発電の廃止、浜岡原発等の即時停止の申し入れ」「緊急アピールすべての原発を廃炉に」(本会総会で採択・賛同71団体)を菅直人内閣総理大臣へ提出
    2日ネオニコチノイド系農薬の中止を求めるネットワーク会議に参加(久保田)
 3月27日第41期 第3回理事会(於 文京区男女平等センター)
 1.東日本大震災・放射能汚染対策
 2.2011年度調査事業について 他
   26日審査委支援呼びかけ「東日本大震災にあたって」を全会員へ発送
  (於 本会事務所)
   21日東日本大震災対策の会合開催(於 本会事務局)
   12〜14日全国有機農業の集いin福井県越前市
第39回日本有機農業研究会全国大会・総会
 1日目:記念公演「福井県が生んだ食育の祖『石塚左舷』に学ぶ」 講師 岩佐勢市さん/大会アピール/東日本大震災義援金の呼びかけ/実践報告/3分間スピーチ/劇団「ババーズ」公演/交流会など
 2日目:分科会/種苗交換会/総会/現地交流会(農家民宿)
 3日目:現地交流会/見学会
   11日第14期 第2回理事会・冬期全国幹事会
 1.第39回日本有機農業研究会全国大会・総会について
 2.本会設立40周年記念事業について
 3.「環境保全型農業直接支援」について
 4.次期大会について
   (於 越前市福祉健康センター大会議室)
2月24日〜3月3日英国ソイル・アソシエーションとの提携・CSA交流
 24〜27日:兵庫県有機農業研究会・市島町などを訪問
 28日:日本有機農業研究会(東京)意見交換会・交流会
 3月1〜2日:茨城県石岡市での交流会、足立区都市農業公園、並木農園などを訪問
 フィル・ハングトン、ジェード・バッシュフォードさんら5人
 2月22日環境支払いについての説明会に出席
  (於 農林水産省三番町共用会議室)
   20日有機農業入門講座2011(於 國學院大學学術メディアセンター常磐松ホール)
 1.映像でたどる有機農業
   講師 久保田裕子さん(有機農業研究会理事)
 2.有機農業と暮らし
   報告者 浅見彰宏さん(福島県喜多方市)
       小掠純子さん(長野県下伊那群)
       北山弘長さん(茨城県日立太田市)
   16日緊急シンポジウム「消費者が問うTPP=食の安全が危ない!」に参加
   (於 参議院議員会館会議室)
    6日セミナー「欧米で広がる有機農家との提携活動」
 講師 大村美香さん(朝日新聞編集委員)
    並木芳雄さん(日本有機農業研究会理事)
    (於 國學院大學学術メディアセンター常磐松ホール)
 1月29日第18回 九州・山口有機農業の祭典に参加
   (於 鹿児島県霧島観光ホテル)
   28日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第28回「雪渡り」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   28日第40期会計監査(於 本会事務所)
   23日第41期 第1回理事会開催(於 文京区男女平等センター)
 1.第39回全国大会・総会について
 2.本会創立40周年記念事業について
   10日中国ウイグル自治区一村一品新農村建設研修団と懇談
 久保田裕子理事から本会の活動について紹介
  (於 文京区男女平等デンター)
    9日第11回 新春有機農業者サッカー大会
      (於 栃木県芳賀町上野原サッカー場)

 2010年 活動報告

12月24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第27回「フランドン農学校の豚」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   20日中国江西省農業研修団との懇談。佐藤喜作理事長、久保田裕子理事から本会の活動について紹介。    (於 文京区男女平等センター)
   18日青年部主催 上映会&忘年会 (於 文京区男女平等センター)
 「大地とともに生きて―霜里農場・金子美登さんの育み」の上映
 越知香歩里さん(映画制作者)、佐久間清和さん(青年部長)のお話
   12日全国有機農業の集いin福井県越前市(第39回全国大会)プレイベント             (於 越前市文化センター大ホール)
 ミュージカル「大地とノトリコの木」公演会に出席
 11日〜12日有機農業関東集会(於 熊谷市立文化センター文化会館)
(同実行委員会主催、全国有機農業推進協議会・日本有機農業研究会・有機農業男技術会議共催)
 基調提案「ネオニコチノイド問題と農業者の責務」
  講師 魚住道郎さん(日本有機農業研究会副理事長)
 記念講演「ネオニコチノイド系農薬の危険な実態」
  講師 青山美子さん(青山内科小児科医院)
 現地見学 小川町霜里農場・とうふ工房わたなべ・中村農園
11月28日第40期 第5回理事会 (於 文京区男女平等センター)
 1.第39回全国大会・総会について
 2.本会設立40周年記念事業について
 26〜27日国際有機農業映画産2010に協力  テーマ ため・水・いのち
     (於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
   26日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第26回「飢餓陣営」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   23日「伝統野菜・在来品種を引き継ぐ―種苗調査中間報告会・種苗研修会」
 1.有機農業に使う種苗に関する調査報告
   報告者 本城昇さん、今井優子さん
 2.シンポジウム 伝統野菜・在来品種を引き継ぐ
   「栽培作物文化の多様性の意義」木俣美樹男さん
   「京都の伝統野菜をつくり続けて」長澤源一さん
   「広島ジーンバンクと農民参加型の保存継承」船越建明さん
  コーディネーター 久保田裕子さん  (國學院大學常磐松ホール)
   19日「こつなぎ」映画上映会とお話の会(於 渋谷区リフレッシュ氷川集会室)
 お話 先崎千尋さん・菊地文代さん
    7日「一楽思想を語る会」に参加(於 山形県東置賜群高畠町和田民族資料館)
 記念講演「一楽思想とたかはた文庫」佐藤喜作理事長
     「森・里・海をつなぐ、流域自給「提携」ネットワーク」魚住道郎副理事長
 ※この日に先だって、1日(月)、5日(金)には「たかはた文庫」オープン式典と記念講演会が開催されました。
  6〜7日「愛媛ゆうき生協30周年記念行事」に参加
           (於 愛媛県女性総合センター・中島)
 7日は、松山市三津浜港からフェリーで約1時間、中島へ。ミカン狩り、泉精一さんの畑で生姜ほり。お昼は「有機の里」で嶋の生産者と交流会。
    1日第3回市民公開研究会「現代畜産の諸問題と有機農業」
 講師:本田廣一さん(北海道興農ファーム)
    鈴木昇さん(茨城県鈴木牧場)
    松井三郎さん(京都大学名誉教授) (於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
10月29日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第25回「セロひきのゴーシュ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   19日大地に感謝する収穫祭2010 土と平和の祭典に参加
           (於 東京都日比谷公園)
   10日「第4回 東京都食育フェア」に参加(於 代々木公園ケヤキ並木通り)
  9日〜10日有機農業研修会・基礎編
 自然生態系を生かした有機農業・有機野菜の栽培・有機農業の推進と種の自家採種・有機稲作・有機果樹の栽培
 講師:魚住道郎さん、相原成行さん、林重孝さん、舘野廣幸さん、前嶋和芳さん
    8日『食の未来』上映会&有機野菜の集い (於 渋谷区リフレッシュ氷川)
 9月24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第24回「オツベルと象」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   13日新潟GM裁判傍聴に参加(於 東京高等裁判所)
 8月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第23回「気のいい火山弾」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   25日有機農業3団体(日本有機農業研究会・全国有機農業推進協議会・有機農業技術会議)打ち合わせ会に参加
 農水省「消費者の部屋」での有機農業展示(11月1日〜5日)に協力することなどを話し合った。(於 農林水産省)
 20〜21日夏の有機農業見学会(於 埼玉県富士見市・和光市)
 渋谷正和さん、明石誠一さん、並木芳雄さんの圃場見学
   19日夏のシンポジウム
 「一楽思想〜提携40年の実践と現代的意義、その発展へ」
 論者:星寛治、金子美登、本城昇、若島礼子、橋本慎司、並木芳雄、舘野廣幸、福原庄史、関塚学、大石光伸、魚住道郎
  (於 国立オリンピック記念青少年センター)
   18日第40期 第4会理事会・夏の全国幹事会(於 国立オリンピック記念青少年センター)
 1.次期大会(全国有機農業の集いin福井県越前市)について
 2.本会創立40周年記念事業について
 3.各委員会、各部からの報告
 4.2012年度大会について
 5.各地からの提案、報告
 7月25〜26日本場さぬき手打ちうどん体験
 マクロビオティック料理を楽しむ会(高松市)・本会生活部
 (於 香川県高松市さぬき麺業「うどん体験道場」)
   23日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第22回「ツェねずみ」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   17日・照射食品反対集会「豪で放射照射キャットフード事件、被害者タニア・カミングさん来日」に参加 (於 東京都新宿区主婦会館)
・市民公開研究会(於 賀川豊彦記念松沢資料館)
  有機農業に息づく協同組合思想…「提携」一楽照雄と賀川豊彦館内見学、賀川豊彦ビデオ鑑賞後、講演
  講師 加山久夫さん(賀川豊彦記念館資料館館長)
     森田邦彦さん(元協同組会研究所)
 6月30日大韓民国慶尚北道尚州市ファシリテーター教育生20名が本会を訪問
 
   27日市民公開研究会(於 茨城県つくば市つくばイーアスホール)
 セイヨウミツバチの群崩壊が警告する農業のありかた
  水野玲子さん(NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)
  藤原誠太さん(養蜂家/日本在来みつばちの会会長)
  田坂興亜さん(アジア学院常任理事/日有研幹事)
  魚住道郎さん(日有研副理事長)
   25日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第21回「カイロ団長」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   25日大韓民国農村振興庁国立農業科学院の朴光来さん他2名、本会を訪問
 本会の活動、日本国内、国際的な有機農業の動きなどについて久保田裕子理事と懇談。
   13日第40期 第3回理事会開催(於 文京区男女平等センター)
1.夏期全国幹事会・シンポジウムについて
2.本会創立40周年記念事業について
3.次期大会について
4.本会有機農業推進委員会からの提言
   ネオニコチノイド系農薬問題への対応について
5.桜見林大学生涯学習センター講座について
 5月28日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第20回「虔十公園林」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   21日「鎌倉広町の森」の見学・散策 (於 神奈川県鎌倉市腰越)
 「鎌倉広町の森市民協議会」の事務局長を務める森田邦彦さんの案内で「都市林公園」の散策と見学。昼食後は市民が耕す田んぼや畑を見学。
 4月23日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第19回「或る農学生の日誌」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   11日足立区都市農業公園花まつりに参加
    8日JAS精米表示の問題点を考える集会
  (於 衆議院第2議員会館第4会議室)
 3月21日第29回関東たねとりくらぶ種苗交換会・圃場見学
  (於 千葉県香取郡東庄町)
    7日第38回有機農業研究会全国大会
 記念講演「農薬と人体被害の実態」
  講師 青山美子さん(青山内科小児科医院医師)
     平山美子さん(東京女子医大東医療センター麻酔科医師)
 種苗研修・種苗交換会
    6日・第38回通常総会(10時〜12時)
・第38回有機農業研究会全国大会(神奈川大会)
  基調講演「日本農業の進むべき道」 講師:鈴木宣弘さん(東京大学院教授)
  分科会
    5日第40期 第2回理事会・冬期全国幹事会
 1.第38回有機農業研究会全国大会・総会について
 2.役員選出について
 3.次期大会について「全国有機農業の集いin福井県越前市」
  (於 神奈川県横浜市「神奈川県立かながわ労働プラザ」)
 2月18〜21日第4回 地域が支える食と農・URGENCI 神戸大会
  於 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
    6日青年部主催 有機農業入門講座2010 開催
  於 國學院大學学術メディアセンター常磐松ホール
    6日第17回 火の国九州・山口 有機農業の祭典に参加
  於 福岡県朝倉市「サンライズ杷気木」
長野県有機農業研究会 第30回大会に参加
  於 長野県飯田市
 1月24日第40期 第1回理事会
 1.第38回日本有機農業研究会全国大会について
 2.通常総会について
  (於 文京区男女平等センター)
   10日新春サッカー大会
  於 石岡市八郷総合運動場
 好天に恵まれ、老若男女、よく走り、よくころびました。昼食後、魚住美智子さんから「たくあんの漬け方」を教えてもらいました。

 2009年 活動報告

12月13日青年部映画上映会&忘年会(於 男女平等センター)
 ドキュメンタリー映画「六カ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督の新作「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を記録したDVDを上映。上映会終了後、忘年会会場へ移動。
    9日・新しい食料・農業・農村基本計画の策定に関して、農林水産省政策課大浦参事官と日本有機農業研究会との意見交換会開く(於 農林水産省)
  本会魚住道郎・林重孝理事長、本城昇、安田節子、久保田裕子理事、小出すま子事務局長、並木芳雄、今井優子が参加。
  有機農業推進法制定(06年12月交付)後の農政に有機農業の推進を盛り込むこと、同時に、化学合成農薬の総量規制、小規模農家・家族農業を守ることや「提携」の重要性などを提案した。
・鈴木宣弘東京大学大学院教授を訪ね、全国大会の基調講演の依頼
  食料・農業・農村審議会企画部長を務める同教授と前述と同様の意見交換を行った。(於 東京大学)
11月27〜28日「国際有機農業映画祭2009」に参加
 (於 国立オリンピック記念青少年センター)
   22日「アースデイマーケットちば」(毎月第4日曜日)に参加
  (於 千葉県銀座通り)
   21日「茨城オーガニックフェア2009」に参加
  (於 鯉淵学園農業栄養専門学校)
    8日第39期 第6回理事会(於 東京都文京区男女平等センター)
 1.第38回全国大会・総会について
 2.有機農業推進委員会からの提案
 3.各部、各委員会からの提案、その他
    3日第3回 一楽思想を語る会に参加(於 山形県高富町和田民族資料館)
 ・星寛治代表の挨拶
 ・講演『暗夜に種を播く如く』の復刊への思い
   講師 高橋英俊さん(協同組合経営研究所前常務理事)
 ・講演 有機農業運動の現代的意味
   講師 栗原彬さん(立命館大学教授)
 「たかはた文庫」建設現場見学後、地元のおいしい手料理で交流会
 10月30日〜11月1日「食と健康わくわく交流会in秋田」開催
 共催 秋田有機農業研究会 日本有機農業研究会生活部
    全国健康むら21ネット 秋田自然食品センター
 (於 秋田市秋田自然食品センター にかほ市)
   18日種まき大作戦「土と平和の祭典」に参加(於 日比谷公園)
   11〜12日第3回東京都食育フェアに参加
 (於 東京農業大学「食と農」の博物館・けやき広場)
    7日BioFach Japan(ビオファジャパン)オーガニックEXPO2009に参加
 (於 東京ビッグサイト西4ホール)
 9月26日・有機農業の基礎・実践編in足立区トシ農業公園
 講師 魚住道郎さん・林重孝さん
・本会有機農業推進委員会を開催
   25日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第18回「よだかの星」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   12日〜13日夏の有機農業見学会
 群馬県高崎市の大塚一吉さん、佐藤勝美さんの農場を見学
 8月28日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第17回「黄色いトマト」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   25日夏のシンポジウム「森と里と海(「湖・川」をつなぐ有機農業推進へ」
 パネラー 魚住道郎さん・若島礼子さん・須藤正親さん・大石光伸さん
 (於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
   24〜25日第39期 第5回理事会・夏の全国幹事会
 1.全国各地からの報告・提案
 2.本会有機農業推進委員会の提案
 3.「地域がささえる食と農神戸大会第4回URGENCI大会」について
 4.第38会全国大会について
 5.「有機農業アドバイザー制度」について
 7月26日セミナー「森と里と海(湖)をつなぐ「腐植」…鉄の化学」開催
 (於 文京区男女平等センター)
 講師 松永勝彦さん(四日市大学環境情報学部教授 理学博士 1992年第1回「環境水俣賞」受賞)
 植物が鉄を取り入れるしくみ、「腐植土」と「鉄」との密接な関係についてのお話しでした。山の民、海の民、農の民がしっかり手をにぎることの大切さを説かれました。
   24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第16回「植物医師」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
 今回は宮澤賢治の戯曲。植物医師、ペンキ屋、農民1〜6、ナレータをみんなで演じてみました。岩手県花巻地方の方言に四苦八苦しました。
   21日農林水産省の全国モデルタウン会議に参加(於 農林水産省ホール)
 副理事長の魚住道郎さんが、農林業の腐植ネットワーク、「堆肥わくわく トシ農業公園」などについて短いスピーチをしました。
 6月28日「第2回アースデイマーケットちば」に協力、参加
 早朝から「竹テント」を設置し、各テントに出店者を案内。チラシで生産者を紹介。「マイ農家見つけよう」と提携をよびかけました。
 (於 千葉県千葉銀座通り商店街)
   26日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第15回「蛙のゴム靴」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   14日第29期 第4回理事会開催(於 東京都文京区男女平等センター)
 1.2009年度各部、各委員会の活動について
 2.夏の全国幹事会について 3.次期大会について
    8日「第4回有機農業推進委員会」に魚住道郎委員、若島礼子委員が出席
 (於 農林水産省分庁舎)
 5月31日日有研有機農業推進委員会(於 本会事務所)
   24日千産・千消(地産・地消)「アースデイマーケットちば」に有機ネットちば(千葉県有機農業推進連絡会)が協力、参加
 (於 千葉県銀座通り商店街、毎月第4日曜日開催)
   23日「生物多様性条約第10会締約国会議」「カルタヘナ議定書第5回締約国会議」(2010年10月名古屋で開催)に向けての勉強会に参加
「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク」立ち上げ集会に参加
 (於 名古屋市中区役所ホール)
   22日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第14回「やまなし」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
    9日日有研有機農業推進委員会 (於 東京都文京区男女平等センター)
 全国各地の有機農業推進の取り組み状況、本会の取り組みについて
 4月25〜26日「全国健康むら21ネット」交流会、及び「全国大会in大阪」に佐藤喜作理事長、他が参加
 (於 大阪市「エル・シアター大ホール」)
   24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第13回「イーハトーボ農学校の春」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
    9日日中農業交流・中国江蘇省の有機農業組合訪日団を(旧)千葉県三芳村へ、佐藤喜作理事長・魚住道郎副理事長ほかが案内
 配送センターで配送作業見学、圃場見学、三芳生産グループとの交流会
 3月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第12回「貝の火」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   22日関東たねとりくらぶ(種苗交換会)(於 埼玉県北足立郡ガバレ農場)
   15日第37回通常総会、午後現地見学会
 (於 新潟県水俣病関連施設、阿賀野市笹神地区有機農業関連施設)
   14日第37回日本有機農業研究会全国大会(新潟大会)
  (於 新潟県新発田市「ホテル清風苑」)
   13〜14日第39期第3回理事会・冬期全国幹事会
 1.第37回全国大会について 2.総会について など
 (於 新潟県新発田市「月岡ニューホテル冠月」)
    1日有機農業入門講座(青年部主催)
 (於 國學院大学学術メディアセンター)
 『有機農業をはじめました!88人の実践』出版を記念して、執筆者のパネラー、会場の「実践者」の話など。
 2月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第11回「双子の星」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
 1月31日第39期 第1回理事会 (於 東京都文京区男女平等センター)
 1.第37回全国大会について 2.総会について
   23日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第10回「蜘蛛となめくじと狸」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   22日第38期 会計監査を実施
   17〜18日第10回関東有機農業者新春サッカー大会
  於 茨城県石岡市八郷総合運動場
 大会前日の17日は、地元の大津謙さん、荒木亮太郎の農場見学。宿泊して交流会。翌日の大会は、アジア学院の留学生の活躍で、栃木チームの優勝でした。

 2008年 活動報告

12月26日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第8回「鹿踊りのはじまり」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
11月29日第38期 第5回理事会
 1.時期大会 総会について
 2.種苗ネットワーク・提携ネットワークについて
  (於 文京区湯島会館)
   28日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」
 【宮澤賢治の有機世界を求めて】
 第8回「月夜のでんしんばしら」をめぐって
 講師 舘野廣幸さん(於 文京区男女平等センター)
   24日第8回たねとりくらぶの集い
 講演「落花生及び栄養繁殖性作物の栽培・育種・採種について」
 講師 雨宮昭彦さん・鈴木健司さん
    (千葉県農林総合研究センター畑作物育種研究室主席研究員)
 種苗交換会・交流会(於 渋谷区リフレッシュ永川)
   16日第2回国際有機農業映画祭に参加
  (於 国立オリンピック記念青少年センター)
    8日 有機農業技術交流会(長野、新潟、青森、秋田岩手、山形)
 講演「小さな循環で、有る物を活かす農」
 講師 松沢政満さん(愛知県新城市「福津農園」)
  (於 福島県二本松市安達平良高原葛飾区立あだたら高原学園)
10月29日「汚染米から米流通を考えるシンポジウム」に参加(於 参議院議員会館 第1会議室)
   28日イギリス「ソイル・アソシエーション」(英国土壌協会)からの連絡で、イギリス・チャールズ皇太子ご夫妻来日記念午餐会に招待(久保田裕子理事出席)
   24日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第7回「宮沢賢治と有機農業」『かしわばやしの夜』をめぐって。講師は舘野廣行さん(於・文京区男女平等センター)
   20日科学部主催 バイオダイナミック農法・宿泊研修会 講師 トニー・ピリオさん/假野祥子さん(於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
   19日生活部主催 郷土料理の交流会・熊本と長崎の郷土料理(於 熊本市熊本女性センター)
   16日もうひとつの世界食料デー 共催 講師・パネラー 山浦康明さん・天笠啓祐さん・真下俊樹さん・大野和興さん・田坂興亜さん(於・文京区男女平等センター)
 9月28日科学部主催 第3回医・食・農フォーラム 虫歯と全身の病気 病巣感染の研究と歯科の現状 講師 沖淳さん(歯科医 恒志会理事)(於・文京区男女平等センター)
   24日汚染米農水省追求緊急集会に参加(於 衆議院第一議員会館第一会議室)
 8月29日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第5回「宮沢賢治と有機農業」『水仙月の四日』をめぐって。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
   22日夏の有機農業研究会シンポジウム(於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
   21日、22日第38期 第2回理事会・夏期全国幹事会(於 国立オリンピック記念青少年総合センター)
 7月25日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第4回「宮沢賢治と有機農業」『烏の北斗七星』をめぐって。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
   15日農水省第3回全国有機農業推進委員会に魚住道朗副理事長が出席。(農林水産省第2特別会議室)
    7日農の技セミナー「有機農業の技術研究ネットワークの活動について」講師は村本穣司さん(於 東京文京区民センター)
 6月27日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第3回「宮沢賢治の有機世界を求めて」『注文の多い料理店』をめぐって。講師は舘野廣行さん(東京・文京区民センター)
   11日「国産ナタネの灯を消すな!」緊急要請集会に参加(於 参議院本館第13控え室)
    1日第38期第1回理事会 1.2008年度の各部、委員会等の活動実施計画について 2.夏の全国幹事会について(8月21日〜22日東京) 3.次期大会について(新潟県で開催予定) 4.調査事業の実施について
 5月28日韓国・慶尚南道の農業技術センターより本会を訪問。
   23日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第2回「宮沢賢治と有機農業」『狼森と笊森、盗森』をめぐって。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
 4月25日食と農・市民セミナー「みんなの有機農業」開催。・第1回「宮沢賢治と有機農業」『どんぐりと山猫』をめぐって。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
   12日オーガニックフェスタ(東京・晴海)にて、科学部主催 国際有機農業映画祭晴海バージョン
 3月30日青年部主催 有機農業入門講座(東京・國學院大學)
   21日食と農・市民セミナー連続講座・第12回「宮沢賢治と有機農業」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
   10日第2回全国有機農業推進委員会に魚住道朗理事が出席。関係者の傍聴参加(東京・農林水産省分室)
    1日、2日第36回 日本有機農業研究会全国大会・総会(東京・日本青年館)
 2月29日第37期第8回理事会 1.第36回全国大会について 2.各地における有機農業推進法及び推進計画に関する動きについて 3.農業技術、種苗について 4.就農者研修について
   15日食と農・市民セミナー連続講座・第11回「田中正造と有機農業」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    9日、10日第28回長野県有機農業研究会大会に参加(長野県千曲市総合観光会館)
    6日第37期第7回理事会 1.第36回全国大会について 2.総会について(活動報告、活動計画、決算、予算等)
 1月26日、27日火の国九州・山口有機農業の祭典に参加(佐賀県大和町 ホテル龍登園)
   18日食と農・市民セミナー連続講座・第10回「正しい貧乏論」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    6日第6回サッカー大会(茨城県八郷町総合運動公園)

 2007年

12月23日農の技 交流会 「2007年の作柄を振り返って」(東京・文京区男女平等センター)
    22日37期 第6回理事会(東京都品川区 区立総合区民館)
    21日食と農・市民セミナー連続講座・第9回「遺伝子組み換えという罠」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    15日青年部主催 映画上映会「水になった村」(東京都渋谷区 國學院大學)
11月24日食と農・市民セミナー連続講座・第8回「自然界からのメッセージ・不思議の国の有機農業」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    16日第1回 国際有機農業映画祭2007に科学部参画(東京・御茶ノ水 明治大学リバティタワー)
10月25日農林水産省が有機農業基本方針に基づき設置した「全国有機農業推進委員会」の第一回会議に魚住理事が出席。
    22日本会と農林水産省環境保全型農業対策室との懇談
    21日第37期 第5回理事会開催(東京・文京区男女平等センター)
    18日食と農・市民セミナー連続講座・第7回「振り返れば未来・過去を知るものは未来を知る」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
 9月25日『基礎講座 有機農業の技術』を刊行
    21日食と農・市民セミナー連続講座・第6回「有機稲作の最前線 失われた稲作文化の復権」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    17日ノルウェー人農業ジャーナリストMaria Bjune夫妻を大平農園(東京都世田谷区)へ案内
 8月29日韓国益三(イクサン)農協職員・組合員11名、本会事務所を訪問
   26、27日全国幹事会を東京都足立区都市農業公園会議室で開催
    17日食と農・市民セミナー連続講座・第5回「農業は環境を、守れるのか カエルと生きる農業とは」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
   11、12日2007年夏の有機農業見学会in神奈川を開催(青年部)
     4〜5日第9回種苗研修会「たねとりくらぶの集い」於 福井県池田町
 7月20日食と農・市民セミナー連続講座・第4回「土といのちの深い関係・土が作る人の健康」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
     2日〜5日韓国自然農業ツアー(生活部企画)龍仁の遠三農協訪問、アイガモ田見学。農協婦人部の指導でキムチ作りと餅つき。槐山の「自然農業生活学校」で、趙漢珪さんの「自然農業セミナー」を受ける。
 6月17日「第一回オーガニック料理仕掛人サミット」(ビーグッッドカフェ主催)に科学部参加。DVD『食の未来』と解説テキスト販売。
    15日連続講座・第3回「食べ物と健康の誤解・豊かさのなかの病気と飢餓」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
    12日東京の私立海城中学の生徒が事務局訪問。遺伝子組み換え食品について、安田節子科学部理事に話を聞く。
     6日茨城県石岡市(旧八郷町)で研究者達が魚住農園、JAやさと夢ファームなどを現地視察し、「有機農業技術開発のための現地検討会」開催。
 5月19日理事会開催(東京・湯島会館)  愛知・豊橋大会報告について
    18日連続講座・第2回「みんなの有機農業講座・農薬と化学肥料の正体」開催。講師は舘野廣行さん(東京・文京区男女平等センター)
     8日日有研セミナー「カナダ・日本・タイの有機農業と『提携』活動」(東京・文京区男女平等センター)  オリビエ・デュランさん、文化人類学専攻の大学院生の帰国前の報告
 4月30日全国健康むら21ネット・第2回全国大会に参加(大阪・アピオ大阪ピロティホール)
    20日食と農市民セミナー「みんなの有機農業講座・有機農業という世界」開催。(東京・文京区民センター)  毎月1回、12回の連続講座。講師は舘野廣行さん(本会理事)
 2月18日青年部主催 有機農業入門講座2007(東京・國學院大學)  「とことんきこう!就農について」
    11日日本有機農業研究会・冬のシンポジウム(東京・文京区男女平等センター)  「有機の畑から平和を考える − 有機の暮らしが平和をつくる」
 1月14日第7回理事会開催(東京・文京区男女平等センター)  全国大会・総会(愛知県豊橋市)などについて

 2006年

12月 2日食と農・市民セミナー開催(東京・文京区男女平等センター)
「手前みそをつくろう」〜食卓から自給の拡大を〜映画界と講演会開催(東京・世田谷区北沢タウンホール)
「ふたつの未来」〜遺伝子組み換えか、有機農業か〜遺伝子組み換えいらないキャンペーン)東京・全郵政会館)
「10周年記念集会」に参加
    10日日有研シンポジウム開催(東京・國學院大學)   「農業・農村の未来と有機農業」開催
11月19日第6回理事会開催(東京・文京区湯島会館)1、第35回愛知県豊橋大会について 2、有機農業推進法関連について等
     3日「食の未来−決めるのはあなた」日本語版完成お披露目パーティー開催
10月28日第4回生産者・消費者交流会開催(東京・国民生活センター)杉山信男さんの特別講演、ツルネン・マルテイさんのお話。一品持ち寄り昼食会、作物展示と生産者紹介、種苗交換会など盛況でした。
 9月30日照射食品は必要か?企業アンケート報告集会に参加
    28日「いのち耕す人々」上映会(東京・国立オリンピック青少年記念センター)
     7日「食の未来」の試写会開催(東京・中野ゼロ小ホール)
     6日理事会開催
 8月27、28日夏季全国幹事会開催(東京・国立オリンピック青少年記念センター)
    19、20日青年部主催 2006年 夏の有機農業見学会開催
 7月29日2006年「たねとりくらぶ」の集い 第8回全国種苗研修会を開催
 6月12日第一回「食と農の市民セミナー」開催 スパイスに放射線照射?! 何のため? 誰のため? 講師:里見宏さん 内閣府原子力委員会が昨年12月から食品照射容認に向けた動きをしていることに対し、安全性は確立されていないこと、実用的な検地法もなく、管理できない技術であることを警告。
    11日高知県有機農業研究会の結成大会に佐藤喜作理事長が出席し、祝辞。
 5月27日山形県高畠町での有機農業運動のドキュメンタリー映画「いのち耕す人々」(桜映画)の試写会が東京で開かれた。
 5月21日理事会開催(於文京区男女平等センター)。各部の活動計画の実施案、次期大会は愛知県豊橋市(3月、担当松沢政満さん)などを決めた。有機農業推進法案の推進活動の進歩状況について報告があった。
 4月 8日国際反GMOデー「こんなものいらない!遺伝子組み換えイネ」に参加(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン主催、東京・国民生活センター)鶴巻義夫さんも新潟の米を守る立場から発言。
 3月26日同実行委員会に参加
    25日「農をかえたい!3月全国集会―自給を高め、環境を守り育てる日本農業の再構築を」に参加。1.一人ひとりの食の国内自給を高める 2.未来を担う子どもたちによりよい自然を手渡すため、日本農業を大切に、など6項目を提唱。
    12日第24回関東たねとりくらぶ(種苗交換会) 林重孝宅にて開催、山の木の切り出しから4年かけ、基礎からすべて手作りで造った研修棟も見学
     5日36期第3回理事会開催(文京区湯島会館)臨時総会開催(文京区湯島会館)1.第35期決算・監査報告案、2.予算案の勘定科目の一部変更等について
 2月11日、12日第34回日本有機農業研究会大会(三芳小学校体育館・農村環境改善センター・たてやま夕日海岸ホテル)
 2月10日、11日全国幹事会(たてやま夕日海岸ホテル・三芳村農村環境改善センター)
 2月10日36期第2回理事会開催(千葉県館山市、たてやま夕日海岸ホテル)
 1月15日36期第1回理事会開催(有機農業推進協会会議室)

 2005年

12月24日第7回理事会開催(東京 文京区男女平等センター)
11月23、24日第5回食と農 市民セミナー「針塚さんの麹浅漬けづくり&秘伝お土作り見学」
    20日第5回大会実行委員会開催(千葉県三芳村・みんなの家)
    12日第3回生産者・消費者交流会開催(東京 国民生活センター)
     9日秀明自然農法ネットワーク記念シンポジウムに参加(東京 シアターキタセンジュ)
     8日来日中のアンソニー・ロデール氏(ロデール研究所理事長)、パトリック・ホールデン氏(英国土壌協会ディレクター)、秀明自然ネットワークとの交流会(東京)
10月22日第6回理事会開催(東京 文京区男女平等センター)
    21日セミナー「遺伝子組み換えイネがもたらす新たなリスク・耐性病原菌が生体防御を打ち破る!?」を開催 講師:金川貴博氏(東京 飯田橋セントラルプラザ)
     9日第34回大会(三芳大会)実行委員会開催(千葉県三芳村 みんなの家)
 9月18日第34回大会(三芳大会)実行委員会開催(千葉県三芳村 みんなの家)
    11、12日青森若葉生産者グループ消費者の会30周年記念祝賀会に参加
 8月31日自給部主催夏季セミナー開催 「有機農業と食べ方の変革でどこまで自給が可能か」 講師:真下俊樹氏(東京・国立オリンピック記念青少年センター)
    30、31日第5回理事会・全国幹事会開催(東京・国立オリンピック記念青少年センター)
 7月24日第34回大会実行委員会(千葉県三芳村)
    23日食と農市民セミナー第3回「タイマグラばあちゃんの上映と対談の会」を自由学園明日館(東京都)で開催
     9、10日「たねとりくらぶ」のつどい(第7回全国種苗研修会)を神戸市で開催
 6月20日第2回 食と農市民セミナー開催(東京 玉川高島屋「レストラン イレール ドゥ ブルー」) 有機野菜をおしゃれに食べよう 〜フランス風〜。本会会員生産者の旬の野菜を使って、シェフ島田哲也氏のお料理をいただき、お話しを聞きました。
    19日第3回理事会開催(東京 文京区男女平等センター)
    12日第34回大会実行委員会開催(千葉県三芳村)
 5月31日第1回 食と農市民セミナー開催(東京 文京区民センター)「狂牛病」が問いかけるもの 〜なぜ、人間は食べ続けなければならないか〜 遺伝子組み換えイネ野外栽培試験の田植え強行に抗議。北陸研究センター(上越市)での抗議集会に参加。
    24日屋外での遺伝子組み換えイネ試験栽培中止要請集会開催(東京・参議院議員会館/本誌5頁参照) 4月29日、上越市で開かれた説明会には農繁期にもかかわらず多数の農家が参加。会場は「だれも望んでいないものをなぜつくるのか」、「花粉飛散による遺伝子汚染、新潟の米がだめになる」など反対の声で埋まりました。しかし北陸センターは「今月末に田植えをする」と強弁しています。この日も新潟から短期間で集めた1万近くの署名をかかえて多数の農家、消費者が駆けつけました。北陸センターは「農薬をつかわないイネの栽培のために」といいますが、有機農業者はすでに30年前から無農薬栽培に汗水を流しています。生活と生き方を賭けた生産者の「研究」に比べ、まったく必要のない「試験栽培」です。(5月31日、生産者や消費者の反対の声を無視して「試験栽培」は強行されました。)
    16日中国の農業関係者4名を埼玉県小川町・金子美登さんの農場へ案内。有機農業を始めた動機と体験、これからの農業について、金子さんの話を聞きました。
    15日次期大会準備会開催(千葉県安房郡三芳村)。3月の全国幹事会おいて千葉県三芳村の幹事より次期大会開催地として手があがりました。それを受けて、会場や宿泊ホテルの下調べを行い、過去数年の大会について検討しました。6月12日に第1回実行委員会を開催することを決めました。
 4月25日「ISOガイド65」の検討会を開催(提携と基準部・衆議院第一議員会館)しました。
    19日福島市立第4中学校3学年生徒3名、本会事務所訪問。安田節子理事から「遺伝子組み換え食品の危険性」について説明しました。
    10日第35期第2回理事会を開催。
     8日JAS法定案、特に「登録認定機関の登録基準にISOガイド65を引用できる」ことについての農水省の説明会に参加。
 3月5、6日第33回 日本有機農業研究会全国大会・総会 in 福島県二本松市「自給で輝く農と暮らし」をテーマに全国大会と総会を開催しました。
 2月26日こんなにもたくさんの参加者があるとは思わなかった!」。主宰した青年部のスタッフも、そして参加者もビックリした「有機農業入門講座2005年」。開場の国民生活センター(東京都港区)は、150人以上の参加を得て熱気にあふれました。
 1月17日農水省技術会議の遺伝子組み換え作物についての意見交換会に参加しました。

 2004年

12月18日第4回理事会開催(東京 文京区男女平等センター)
11月27日講演「BSE・うつ病・キレル子どもたち・・金属イオンと神経性疾患」開催(東京 ウイメンズプラザ)講師:西田雄三氏(山形大学理学部教授) BSEのメカニズムは不明のことが多い。BSEのみならず、金属イオン(マンガンやアルミなど)と神経疾患との因果関係について講演されました。
     6日第2回全国生産者消費者交流会・種苗交換会開催(東京 国民生活センター)台風、地震の直後で農家は大変でしたが、鹿児島、長崎、島根、新潟、長野、福島、群馬、埼玉、栃木、千葉、東京、山形、秋田から駆けつけました。展示作物も昨年より多く、立派でした。西尾道徳氏の講演、種苗交換会も行いました。
10月21日第4回 食と農市民セミナー開催(東京 文京区民センター)三里塚で有機農業を始めて30年。『みみず物語』の著者、小泉英政さんのお話を聞きました。
    10日第6回理事会開催(東京 文京区民センター)@第33回大会・総会 A第2回全国生産者消費者交流会・種苗交換会 B来年度活動計画 C食料・農業・農村基本計画の見直しへの対応等について審議しました。
 9月16日連続講座第3回 食と農 市民セミナー開催(東京・文京区)。「有機農業ってなぁに 私の野菜つくり」について藤沢市の有機農家、相原成行さんのお話を聞きました。
 8月30、31日全国幹事会開催(山梨県・キープ牧場)
    29、30日有機畜産と自給セミナー開催(山梨県・キーブ牧場)。萬田富治氏(北里大学獣医畜産学部教授・フィールドサイエンスセンター長)、小暮一雄氏(所沢愛犬病院院長)の基調講演。畜産の現場から魚住道郎氏(有機農業、平飼養鶏家)、市村堅吉氏(キープ牧場長)のお話を聞き、質疑討論しました。
    19日連続講座第2回 食と農市民セミナー開催(東京・文京区)。「BSEその後 ハンナン事件を追う」と題して鈴木寿夫氏(食品安全コンサルタント)の講演。畜産行政の問題、食と農について、質疑、討論しました。
     7日「烏インフルエンザ・BSEを考えるシンポジウム」に参加(兵庫県・尼崎市)。
 7月19日「食の伝承と消費者交流会」(生活部主催 長崎県南高来郡・みずほすこやかランド)遠路、秋田から佐藤喜作理事長も駆けつけました。古代米を使った料理など、いろとりどり。楽しい交流会でした。
    18日東京都有機農業研究会主催の「多磨の旬の有機野菜をたべよう」に参加。瑞穂町の有機農家、清水栄一さんの畑でジャガイモほりをしたり、野菜料理を楽しみました。
    15日食と農・市民セミナー開催(事業部主催・東京 文京区男女平等センター)連続講座の第1回目は、『食農同源』の著者、足立恭一郎さんのお話を聞きました。次回は、8月19日。同会場にて「BSEその後・ハンナン事件を追う」と題して、講師は鈴木寿夫さんです。
 6月19日第4回理事会開催(東京・文京区男女平等センター)  @次期大会・総会について  A有機畜産セミナー・夏期全国幹事会の開催について  B有機農業サポート委員会、種苗ネットワーク、提携ネットワークの活動等の事項について審議しました。  ※なお、「足立区都市農業公園農作業管理委託」を足立区役所と契約。4月から業務を開始しております。これは東京都足立区にある都市農業公園内の田圃、畑に有機農業技術のサポーターを本会から派遣、指導にあたります。
    18日「有機畜産物の日本農林規格案の問題点と是正案」を農林水産省に提出し、意見交換を行いました。
 5月12日スギ花粉症GM米の承認申請について、農水省にパブリックコメント提出しました。
 4月21日福島県郡山市立冨田中学校生徒、本会を訪問。
    18日有機セミナー「これで安心!食糧、農業、環境」開催。(千葉文化センター・日本有機農業研究会、有機ネットちば主催) 佐藤喜作理事長、安田節子理事、山田勝巳理事から鶏インフルエンザ、遺伝子組換え食品、BSE間題等についての提案を受け、討論しました。
 3月30日第2回生産者交流会検討会を開催(東京 事務所)昨年の成果と反省をふまえ、今年は、11月6日か7日に開催を予定しました。消費者にも積極的に参加していただくことにし、名称も「生産者消費者交流会」と改めることに。生産部のほかに、生活部、種苗部、事業部も参画します。有機農産物の展示を昨年のように行い、農産物は買いに寄付をお願いするとともに、頒布も行います。詳細は未定ですが、今から作付計画に入れておいてくださるようお願いします。
 2月29日入門講座「みんなの有機農業」開催(青年部主催・東京 文京区民センター)講師は舘野廣幸さん(生産者 栃木県下都賀郡)。舘野さんは12年の実践から「有機農業は、有機杜会をめざすみんなの生き方」、栽培技術と農業者の仕会的任務について語されました。パネラーは岡友美さん(就農6年目 神奈川県山城町)、小林裕次さん(就農4年目 栃木県小山市)、山田元さん(就農7年目 茨城県八郷町)。それぞれご自分の体験を新規就農者向けに話されました。
   26日、27日南フランスのオーバ-ニュ市で閥催された農民・エコロジスト・消費者連合アリアンスが主催する「第1回産消提携国際シンポジウム」に橋本慎司、久保田裕子両理事が参加。フランスで始まったばかりのAMAP、アメリカ、カナダからのCSA、日本での提携、イギリスのボックススキームなど、世界各地の産消提携の発表と交流が行われ、連帯と発展を誓い合いました。
    22日事務所の引越し。旧事務所から歩いて5分、うら通りの5階です。静かで、少し広くなりました。地下倉庫もついています。自慢は4.7mX12mのベランダです。「田んぼにしたら? 畑にしたら?」というほどの広さです。
    13日〜15日全国幹事会、第32回大会・総会開催(愛媛県今治市・今治国際ホテル)大会は「千年のすこやかないのちの継承を! 遺伝子組み換えはいらない! 広げよう有機農業」の大会テーマをかかげ、全国から600余の生産者、消費者が集いました。
     1日「GMいらない生産現地学習会」(茨城県八郷町)に参加。生井兵冶氏(筑波大教授)、天笠啓祐氏(遺伝子組み換え食品いらないキャンペーン代表)の後援を受け、質疑、討論しました。

 2003年

10月10日「有機農産物と作り方」生産者交流会開催(生産部主催・文京区民センター)初めての試みでしたが、生産者の協力を得て、参加者にとても喜んでいただきました。丹精こめて栽培した作物が展示され、作物と作り手を目の前にして、会話も弾みました。一品持ち寄りの昼食会はテーブルにのりきらないほどのご馳走。半日かけて、ゆっくりいただきたいほどの量でした。熊澤喜久雄先生の講演は「これからの有機農業―土と栄養の視点から」でした。「植物は有機質も摂取する」ことをたくさんの資料で説明され、植物の栄養摂取の仕方と有機農業との関係についてお話されました。
    11日『農業聖典』出版記念の集い開催(東京・学士会館本郷分館)ハワードは「本書の目的は、地球の資本ともいうべき土壌の荒廃に注意を促すことにある」と警鐘を鳴らしています。ハワードの指摘からはすでに六十数年経た今日、「有機農業のバイブル」を実践することの切迫性を感じます。さらに多くの人に届くよう、今年中の増刷を決めました。
 9月20日「BSE最前線 マーク・パーディー氏講演会」開催。マーク・パーディ氏はグアムでの放射能汚染調査の帰途東京へ。BSE問題についてのお話をお聞きしました。
    13日「NO WAR! NO WTO! グローバルピースマーチ」に参加。久保田理事より遺伝子組み換え種子汚染、反GMの訴えをしました。
 8月30、31日全国幹事会に引き続き同会場にて、セミナー「有機畜産と自給」を開催しました。畜産関係者、消費者、学生等90名が参加しました。
    29、30日夏季全国幹事会(於 山梨県北巨摩郡キープ自然学校研修棟)1.第32回大会・総会について(2004年2月14日(土)〜15日(日)愛媛県) 2.今後の活動と組織強化について 3.提携支援について 4.農業技術関連の強化について 5.全国生産者交流会開催について 6.遺伝子組み換え種子汚染について(大豆、稲)7.有機農業アドバイザイー、サポート委員会についてなど審議しました。
    7、13日茨城・谷和原村GM大豆作付け、河内の試験場問題など農林水産省との折衝に参加しました。
     6日ストップ組み換え汚染種子ネットなどによる院内集会に参加。後代交配遺伝子組み換え大豆の駆け込み認可の問題、一般圃場GM大豆作付け問題などで、農水省の姿勢を糾しました。(衆議院議員会館)
     3日茨城県谷和原村で;開催された「遺伝子組み換え作物の国内栽培反対! 私たちの作物、食を組み換え遺伝子で汚染させないための集会」に参加しました。
     2、3日「夏の有機農業見学会」(青年部主催)福島県川俣町で自然農を実践している「やまなみ農場」などを見学しました。
 7月25日10月10日開催の「生産者交流会」準備を兼ねて、東大農学部を見学しました。
    23日茨城県谷和原村での集会「植えたらオシマイ! 遺伝子組み換え大豆を見に行こう!」に参加しました。(『土と健康』8・9月合併号に関連記事があります)
    19、20日秋田県仁賀保町で「第5回たねとりくらぶのつどい」開催(種苗部主催)岩政利氏の講演「私の自家採種」、種苗交換会を行いました。
 6月26日討論集会「農と食の安全と農薬問題のゆくえを問う」(食の安全と農薬問題連絡会主催・参議院議員会館)に参加しました。
    22日第2回理事会開催。(於 文京区湯島会館)
    18日学習会「あなたの食べ方 間違っていませんか」開催。(生活部主催・於 文京区男女平等センター)

> このページの先頭へ

 書籍紹介

 日本有機農業研究会では、設立以来、有機農業関係の基礎的な資料や書籍を発行してきました。一部を除き、一般書店ではお求めできないものです。
 ご注文は、郵便為替用紙、または、メール・FAXのいずれかの方法でお申込いただけます。

書籍のリストと購入方法はこちらへ

  _______________________

  _______________________

  _______________________